コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンフォニエッタ

デジタル大辞泉プラスの解説

シンフォニエッタ

チェコの作曲家レオシュ・ヤナーチェクの管弦楽曲(1926)。原題《Sinfonietta》。作曲当初、軍楽として構想されたことが知られ、金管楽器ファンファーレが随所に登場する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

シンフォニエッタ(Sinfonietta)

ヤナーチェクの管弦楽曲。1926年作曲。元は「軍隊シンフォニエッタ」または「ソコルの祭典」と呼ばれていた。金管楽器のファンファーレが度々登場する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

シンフォニエッタの関連キーワードフィードラー(Arthur Fiedler)ルーセル(Albert Roussel)アダムズ(John Adams、作曲家)アルフレッド ウォーレンスタインジャン・ジャック カントロフデイヴィッド アサートン紀尾井ホール室内管弦楽団アーサー フィードラーパオロ カリニャーニドル ポポヴィッチオリバー ナッセンゼノ ヴァンツェアサイモン ラトルオリ ムストネンジャン フランセサカリ オラモイリ キリアンフィードラーハルフテルバカリッセ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シンフォニエッタの関連情報