金管楽器(読み)きんかんがっき(英語表記)brasses; brass instruments

  • Blechinstrument ドイツ語
  • brass instrument 英語
  • instrument de cuivre フランス語
  • strumento d'ottone イタリア語
  • きんかんがっき キンクヮンガクキ
  • きんかんがっき〔キンクワンガクキ〕
  • 金管楽器 brass instruments

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央が凹型マウスピースを用い,人間のがダブル・リードの役割をする管楽器総称トランペットホルントロンボーンコルネットチューバなどが代表的。なお近代のヨーロッパのこの種の楽器はすべて金属性であるため,金管楽器の名がある。フルートサクソフォーンなどは,金属製でも発音方式が異なるので金楽器に属さない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

管楽器の一種。いわゆるらっぱ類で,歌口(うたぐち)と呼ばれる小さなカップ状の部分に唇を当て,唇の振動によって鳴らす。トランペットトロンボーンなどの材質は金属だが,古いコルネットのように,木や象牙(ぞうげ)のものもある。金属製でも上述の機構によらないフルートやサクソフォーンなどは木管楽器に分類される。
→関連項目楽器サクソフォーンサクソルンスーザフォーンチューバビューグルホルン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

唇の振動で音をつくる管楽器の総称。俗にいうらっぱの類。西洋の主流的な楽器でこれに属するものが,各種とも金属製であることから来た呼び方。しかし金属製管楽器すべてをいうのではない。発音方式が異なるフルート,サクソフォーンなどは,金属製であっても木管楽器とみなされる。口を閉じて管の入口に当て,唇の間に呼気流を通す。唇がふるえて気流が断続し,その作用を受けて管内の空気が楽音を形成する。唇の機能がオーボエなどのリード(振動体)と似ているので,リップ・リードともいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唇の振動を用いて発音される管楽器の総称。ほとんど真鍮(しんちゅう)でつくられるが、金属製でないものもある。ホルン系の楽器とトランペット系の楽器とに大別できるが、起源は同一であり、絶対的な分類ではない。ホルン系の楽器は、角笛(つのぶえ)の円錐(えんすい)管を基本として発達してきたもので、倍音が少なく柔らかい音が出る。ただし今日では、操作上複雑な構造をもたせる必要から、円筒管がかなり使われている。トランペット系の楽器は、円筒管の占める割合が大きく、倍音の多い明るい音が出る。両系とも、管の太さ、ベルやマウスピースの形状も音色に影響している。金管楽器で倍音列に属する音以外の音高を得るためには、現在では、バルブ装置で迂回(うかい)管に空気を通すことによって管長を変えるものが多いが、トロンボーンはスライド式に管長を変えられるものを用いるのが通例である。

[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 真鍮(しんちゅう)の音管を持つ吹奏楽器。奏者の唇がダブルリードの役目をするのが特徴。トランペット、トロンボーン、テューバなど。ラッパの類。金管。ブラス。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の金管楽器の言及

【管楽器】より

…(3)はいわゆるらっぱ類で,唇がリードの働きをするので,リップ・リードなどともいう。西洋では(1)と(2)の方式の楽器を指して木管楽器,(3)を金管楽器と呼ぶ習慣があり,実際の材質とときに不一致のまま行われている。管楽器のピッチを決定するのは管の長さと内部における空気の振動様式(開管または閉管)である。…

※「金管楽器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金管楽器の関連情報