コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンプロン[峠] シンプロン

2件 の用語解説(シンプロン[峠]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シンプロン[峠]【シンプロン】

スイス南部,ローヌ川河谷からイタリアに出るアルプス越えの峠。標高2005m。イタリア語ではセンピオーネ呼ばれる。1800年―1807年ナポレオンの命令で車道建設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シンプロン[峠]【Simplonpass】

スイス南部にある峠。西のペナイン・アルプス,東のレポンティン・アルプスの接点に位置し,標高2005m。イタリア語ではセンピオーネと呼ぶ。1800‐07年ナポレオン1世が古い峠道を馬車道として整備して以来,アルプス越えの交通路として一躍重要性を増した。現在ヨーロッパルート2号線が通じ,1906年開通の鉄道トンネルの入口と出口にあたるスイスブリークとイタリアのイゼーレを結んでいる。【室田 宣一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシンプロン[峠]の言及

【ドモドッソラ】より

…アルプスのいくつかの谷の合流する標高272mの盆地にあり,その起源はローマ時代にさかのぼる。1906年,付近のスイス・イタリア国境のシンプロン峠を貫通する鉄道トンネルの完成により,ヨーロッパ交通上重要な地点を占めることになり,人口も増加した。化学,金属,機械などの工業が立地している。…

※「シンプロン[峠]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シンプロン[峠]の関連キーワードサンゴタール峠サンベルナール峠シンプロン峠ツェルマット退水ブレンネル峠クランモンタナスイスチーズ西陲ペナン島

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone