コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンベリン Cymbeline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンベリン
Cymbeline

イギリスの劇作家シェークスピアロマンス劇。 1609年頃の作。ブリテンの王女イモージェンは父王シンベリンの意に反して,高潔ではあるが貧しいポステューマスと結婚したため,ポステューマスはイタリアに追放される。イモージェンは継母の悪意に悩み,夫の悪友イアキモーの策略によって夫から貞操を疑われて死の危機に瀕する。ウェールズの山中を男装してさまよい,思いがけない事件に遭遇するが,ウェールズに侵攻したローマ軍の敗北をきっかけとして一切の事情が判明し,ハッピーエンドとなる。一家の離散と和解,父子再会など,シェークスピア晩年の作に共通した要素をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シンベリンの関連キーワードシェークスピア(年譜)シェークスピア物語カリス コーフマンスコフィールドホリンシェッドアナーキーラヤモン佐藤誓ショー川口覚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android