コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪意 あくい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悪意
あくい

法律用語としては,一定の事情を知っていることをいう。善意に対する語。道徳的な評価としての善悪とは関係がなく,事情の知・不知を意味する。民法上,善意と悪意とでは法的な保護や効果が異なることが多い (94条2項,96条3項,190,704条など) 。なお,離婚および離縁原因としての「悪意の遺棄」 (770条1項2号,814条1項1号) のように,悪意を不正な害意の意味に用いる場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あく‐い【悪意】

他人を憎み、害を加えようとする気持ち。わるぎ。「悪意を抱く」「悪意に満ちた眼差(まなざ)し」⇔善意
よくない意味。「発言を悪意に取る」⇔善意
法律上の効力に影響を及ぼす事情を知っていること。道徳的な意味での善悪とは異なる。⇔善意

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

悪意

東野圭吾の長編推理小説。1996年刊行。加賀恭一郎シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あくい【悪意】

他人に害を与えようとする心。他人を憎む心。わるぎ。わるげ。 ⇔ 好意 「 -をもつ」 「 -を抱く」 「 -にみちた批評」
わるい意味。意地のわるい見方。 ⇔ 善意 「 -に解釈する」
〘法〙
自分の行為が法律上の効果を生じることを知っていて、あえてその行為をする意志のこと。例えば、ある取引について存在する特殊の事情を知っている第三者を「悪意の第三者」という。道徳的善悪とは別のもの。
他人を害する意思。 「 -の遺棄」
▽⇔ 善意

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

悪意
あくい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の悪意の言及

【善意・悪意】より

…法律用語としては,ある事情を知らないことを善意,知っていることを悪意という。倫理的な意味での善悪という要素は含まれていない。…

※「悪意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

悪意の関連キーワードクロス・サイト・スクリプティングWindows Defenderブラウザークラッシャー口に蜜あり,腹に剣あり不正指令電磁的記録供用ブラックハットハッカーマリシャスコードマルバタイジング真綿に針を包む汝の敵を愛せよ白い目で見るクラッキング悪意・善意マルウェアマリーシアマルウエア法律要件言葉の綾針を含むウイルス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪意の関連情報