コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンボリズム symbolism

翻訳|symbolism

大辞林 第三版の解説

シンボリズム【symbolism】

象徴主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のシンボリズムの言及

【象徴】より

… ところで,20世紀に入って,西欧近代の理性主義的観念体系の根底が批判され,また人間諸科学がめざましく発展すると,言語学や精神分析ないし心理学,民族学=人類学や社会学,美学,芸術学や宗教学などの分野で,〈象徴〉という用語は,以下の記述にみられるように,いっそう多様に用いられるとともに,重要な探究の対象となった。とくに言語学(ソシュール,ヤコブソン,バンブニストら)と精神分析(S.フロイト,ユング,ラカンら)の影響の下に,象徴するものとされるものの自然的対応関係の解釈だけでなく,自然的関係を超えた象徴作用(シンボリズムsymbolism)そのものの探究が深められた。こうして,たとえばレビ・ストロースが,〈社会は,本性として,その慣習,その制度のうちにみずからを象徴的に表出する〉といい,〈すべての文化は,諸々の象徴体系からなる一個の統合体であり,その最前列に言語活動,婚姻規則,経済関係,芸術,科学,宗教が位置する〉(モース《社会学と人類学》への序文)と述べたように,象徴作用の探究は,構造主義や記号論的方法の深化とともに,人間的諸事象(流行や広告,都市化現象や政治言語などにまでいたる)の解明の中心課題の一つとなっている。…

※「シンボリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シンボリズムの関連キーワードブーニン(Ivan Alekseevich Bunin)ジョンソン(Robert Johnson)ドミートリイ メレシュコーフスキイガイザー(Gerd Gaiser)ジェームズ・ジョージ フレーザーシェムエール・ヨセフ アグノンクジマー ペトロフ・ウォトキンアレクセイ トルストイエギシェ チャレンツペトロフ・ウォトキンジェーン ギャスケルO. ジュパンチッチペイヨ ヤーボロフメレシコフスキージュパンチッチメイエルホリドグミリョーフアフマートワファンタジーブリューソフ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android