仏蘭西(読み)フランス

精選版 日本国語大辞典の解説

(France) ヨーロッパ西部、大西洋と地中海に面する共和国。全般に平野が広がり、工業のほか、農業とくに酪農、果樹栽培が盛ん。古くはガリアと呼ばれていたが、紀元前一世紀半ばカエサルの遠征で全土がローマの属州となり、五世紀ごろゲルマンのフランク族が来住して統一国家を建設した。フランク王国が分裂して西フランク王国の地となり、いくつかの王朝の支配を経て、しだいに民族、文化を形成。一七世紀にはヨーロッパの指導的地位に立ち、海外植民地を領有して栄えた。一七八九年革命によって共和政が成立し、ついでナポレオン一世による第一帝政、一八四八年二月革命以後の第二共和政、五二年からの第二帝政、七一年からの第三共和政、第二次世界大戦後の第四共和政、一九五八年以降ドゴールによる第五共和政を経て現在に至る。首都パリ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏蘭西の関連情報