コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーサンパンナ(西双版納)タイ族自治州 シーサンパンナタイぞくXishuangbanna Daizu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーサンパンナ(西双版納)タイ族〔自治州〕
シーサンパンナタイぞく
Xishuangbanna Daizu

中国西南地方,ユンナン (雲南) 省南端,ミャンマー,ラオス両国と国境を接する自治州。3県から成り,行政中心地はチンホン (景洪) 県のユンチンホン (允景洪) である。 1953年自治州となった。ホントワン (横断) 山脈の南に続く標高 1600m前後の高原地域にあり,比高 100m前後で丘陵と盆地が入り交る。メコン川の上流ランツァン (瀾滄) 江が流れる。古くはタイ系の侯国が連合してシップソーンパンナー王国を形成していたが,元代に中国の一部となった。亜熱帯性の気候で,盆地を中心にイネ,サイザルアササトウキビ,バナナ,パイナップル,コーヒー,ココヤシが栽培される。プーアル (普 洱) 茶を特産。ゾウ,サイ,テナガザルクジャクなどが生息。地下資源は鉄と岩塩がある。農業機械,製茶,製糖,製塩,製紙などの工場が立地。マラリアに悩まされていたが,ほぼ根絶された。人口 79万 6352 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シーサンパンナ(西双版納)タイ族自治州の関連キーワードユンチンホン(允景洪)チンホン(景洪)県プーラン(布朗)族チノー族(基諾族)ジノー(基諾)族チノー(基諾)族タイ族

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android