シーサンパンナ(西双版納)タイ族自治州(読み)シーサンパンナタイぞく(英語表記)Xishuangbanna Daizu

  • シーサンパンナ(西双版納)タイ族〔自治州〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国西南地方,ユンナン (雲南) 省南端,ミャンマー,ラオス両国と国境を接する自治州。3県から成り,行政中心地はチンホン (景洪) 県のユンチンホン (允景洪) である。 1953年自治州となった。ホントワン (横断) 山脈の南に続く標高 1600m前後の高原地域にあり,比高 100m前後で丘陵と盆地が入り交る。メコン川の上流ランツァン (瀾滄) 江が流れる。古くはタイ系の侯国が連合してシップソーンパンナー王国を形成していたが,元代に中国の一部となった。亜熱帯性の気候で,盆地を中心にイネ,サイザルアサ,サトウキビ,バナナ,パイナップル,コーヒー,ココヤシが栽培される。プーアル (普 洱) 茶を特産。ゾウ,サイ,テナガザル,クジャクなどが生息。地下資源は鉄と岩塩がある。農業機械,製茶製糖製塩製紙などの工場が立地。マラリアに悩まされていたが,ほぼ根絶された。人口 79万 6352 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android