コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーレーン防衛 シーレーンぼうえい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーレーン防衛
シーレーンぼうえい

水上艦艇や航空機による対潜哨戒,船団護衛,海峡・港湾などの防備,掃海などの能力を整備し,海上交通路 (シーレーン) を確保すること。日本は,資源・エネルギー・食糧などを海外からの輸入に大幅に依存しており,有事に際して,国民の生存や戦争遂行の必要から,海上交通路による資源輸送を確保しなければならない。 1981年5月,訪米した鈴木首相が,日本から 1000カイリの海域において海上交通保護の能力を整備すると発言して以来,その必要性が広く議論されることとなった。 1000カイリ以遠の海上交通路の防護については,アメリカのシーコントロールに期待する,と説明されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シーレーン防衛の関連キーワードインターオペラビリティー[軍事]西太平洋地域ミサイル防衛構想研究日米防衛協力小委員会

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シーレーン防衛の関連情報