シーレーン防衛(読み)シーレーンぼうえい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーレーン防衛
シーレーンぼうえい

水上艦艇や航空機による対潜哨戒,船団護衛,海峡・港湾などの防備,掃海などの能力を整備し,海上交通路 (シーレーン) を確保すること。日本は,資源・エネルギー・食糧などを海外からの輸入に大幅に依存しており,有事に際して,国民の生存や戦争遂行の必要から,海上交通路による資源輸送を確保しなければならない。 1981年5月,訪米した鈴木首相が,日本から 1000カイリの海域において海上交通保護の能力を整備すると発言して以来,その必要性が広く議論されることとなった。 1000カイリ以遠の海上交通路の防護については,アメリカのシーコントロールに期待する,と説明されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android