ジェイトゥン(英語表記)Dzheitun

世界大百科事典 第2版の解説

ジェイトゥン【Dzheitun】

トルクメニスタン,アシガバートの北北西約30kmに位置する新石器時代の遺跡。広さ120m×60m,高さ5.5m。1952年以来,南部トルクメニア考古調査隊が発掘にあたり,この地方の初期農耕社会の解明に貢献した。前・中・後期より成ると,V.M.マッソンが考えたジェイトゥン文化のうち,前期文化を最もよく表す。遺跡は5層あるうち,第2層が広く調査された。コペト・ダグ山脈とカラクム砂漠にはさまれたベルト地帯のデルタに位置し,氾濫による原始農耕と家畜飼養に依存していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android