コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェイトゥン(英語表記)Dzheitun

世界大百科事典 第2版の解説

ジェイトゥン【Dzheitun】

トルクメニスタン,アシガバート北北西約30kmに位置する新石器時代遺跡。広さ120m×60m,高さ5.5m。1952年以来,南部トルクメニア考古調査隊が発掘にあたり,この地方の初期農耕社会の解明に貢献した。前・中・後期より成ると,V.M.マッソンが考えたジェイトゥン文化のうち,前期文化を最もよく表す。遺跡は5層あるうち,第2層が広く調査された。コペト・ダグ山脈とカラクム砂漠にはさまれたベルト地帯のデルタに位置し,氾濫による原始農耕と家畜飼養に依存していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android