ジェイムス キャラハン(英語表記)James Callaghan

20世紀西洋人名事典の解説


1912.3.27 -
英国の政治家。
元・英国首相
中学卒業後税務職員となり、第二次大戦で従軍の後、1945年労働党から下院議員に当選。ウィルソン内閣で蔵相、内相、外相を歴任、’76年ウィルソンの辞任により首相。労働組合との「社会契約」によりイギリス経済の立て直しを図るが失敗、’79年サッチャー率いる保守党に政権の座を譲る。’80年労働党党首辞任。主著に「A house divided:the dilemma of Northern Ireland」(’73年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android