ジェイ(読み)じぇい(英語表記)John Jay

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェイ
じぇい
John Jay
(1745―1829)

アメリカ合衆国の法律家、政治家。ニューヨーク市の名家の出身。独立革命では愛国保守派の立場をとり、大陸会議議長、スペイン特使、対英講和条約使節を歴任した。連合政府下の外務長官(1784~89)として、中央政府の弱体ぶりを痛感し、ハミルトン、マディソンと『フェデラリスト・ペーパー』を書き、合衆国憲法制定を推進した。ワシントン大統領時代には初代最高裁判所長官(1789~95)、憲法修正第11条の制定に尽力。また対英特使として、1794年ジェイ条約を締結し、米英両国間の戦争の危機を回避した。のちニューヨーク州知事(1795~1801)。

[池本幸三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例