コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェズス教会 ジェズスきょうかい

1件 の用語解説(ジェズス教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ジェズスきょうかい【ジェズス教会】

ポルトガルの首都リスボンの南約40kmの港湾都市セトゥーバル(Setúbal)にある教会。鉄道セトゥーバル駅から徒歩約10分の場所にある。ポルトガルマヌエル1世(1469~1521年)が15世紀末から16世紀初めに建設した。後期ゴシック様式ルネサンス様式が融合した建築物で、祭壇や窓枠などにはポルトガル独特の建築様式マヌエル様式の特徴が見られる。教会の裏手には、14枚の板絵を展示した美術館がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェズス教会の関連キーワードアジュダ宮殿エストレラ聖堂カルモ教会シアードバイロアルトリスボン大聖堂レスタウラドーレス広場ロシオ広場

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone