コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九寨溝 きゅうさいこう

百科事典マイペディアの解説

九寨溝【きゅうさいこう】

中国,四川省南坪県城の南西40kmの岷山山脈の山中にある峡谷。奥行き40km余りで,周囲にチベット族の村が九つあることから九寨溝と名づけられた。一帯原始林に覆われ,標高2000〜4000mで河沿いに100余りの湖沼がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産情報の解説

九寨溝

九寨溝(きゅうさいこう)は、四川省の省都である成都の北400kmに位置する秘境です。4000mを越す深山と原始林を背景に、宝石のような大小100余りの澄み切った湖沼と渓流、瀑布が延べ50kmにもわたって連なっています。森にはパンダなどが棲み、「神話の世界」とも言われる景勝の地です。湖の透明度は約30mで、底に沈んでいる木まで一片の曇りもなく見える美しさ。1970年代に森林伐採の労働者によって偶然発見され、今や中国では有名な観光地となっています。1992年にユネスコの世界自然遺産に登録されました。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について | 情報

九寨溝の関連キーワード九寨溝の渓谷の景観と歴史地域黄龍の景観と歴史地域チュウチャイコウ四川(省)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九寨溝の関連情報