ジェラード(読み)じぇらーど(英語表記)Alexander Gerard

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェラード(Alexander Gerard)
じぇらーど
Alexander Gerard
(1728―1795)

スコットランドの神学者、哲学者。経済学者のアダム・スミス、哲学者のヒュームやトマス・リードらと交友。後年への影響はその美学にあり、主著は『趣味論』Essay on Taste(1759)および『天才論』Essay on Genius(1774)。趣味の向上はとくに想像力の改善によるとし、芸術創造の主体としての天才とは、観念連合の能力である想像力において常人より優れている者である、と説いた。[浜下昌宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジェラードの関連情報