コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミス スミス Smith, Adam

60件 の用語解説(スミスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミス
スミス
Smith, Adam

[生]1723.6.5. 〈洗礼〉スコットランドカーコーディ
[没]1790.7.17. エディンバラ
イギリスの経済学者,哲学者。ことに古典派経済学の祖として著名。グラスゴー大学オックスフォード大学に学んだのち,母校グラスゴー大学で道徳哲学講座を 13年間担当。その後バックルー公の家庭教師としておもにフランスに滞在 (ほぼ3年) し,重農主義者と交わる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Alfred Emanuel

[生]1873.12.30. ニューヨーク
[没]1944.10.4. ニューヨーク
アメリカの政治家。 1903~15年ニューヨーク州議会議員,13年には同議長。 19~20,23~28年ニューヨーク州知事を4期つとめ,28年の大統領選挙では民主党大統領候補の指名を受けたが,共和党の H.フーバーに敗れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, A.J.M.

[生]1902.11.8. カナダモントリオール
[没]1980.11.21. アメリカ合衆国ミシガンイーストランシング
カナダの詩人,批評家。フルネーム Arthur James Marshall Smith。マギル大学在学中の 1925年に文芸誌『マギル・フォートナイトリー・レビュー』McGill Fortnightly Reviewを創刊,1920年代カナダ詩復興のリーダーとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Bessie

[生]1895.4.15. テネシーチャタヌーガ
[没]1937.9.26. ミシシッピクラークスデール
アメリカの黒人ブルース歌手。 1920年代中期には「ブルースの女王」として人気の頂点にあったが,1937年地方巡業事故死。 70年代に入ってレコードが再び脚光を浴びた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, David

[生]1906.3.9. インディアナディケーター
[没]1965.5.23. バーモント,ベニントン
アメリカの彫刻家。オハイオ州立大学,ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグで学ぶ。初め抽象的,超現実的絵画を描いたが,1933年『カイエ・ダール』誌でピカソの金属彫刻を見て感動し,金属刻を志して以後6年間ブルックリンの鉄工所にアトリエをもって制作を続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Francis Hopkinson

[生]1838.10.23. メリーランドボルティモア
[没]1915.4.7. ニューヨーク
アメリカの小説家。初め技師だったが,50歳を過ぎてからたまたま書いたユーモラスな小説『カーターズビルのカーター大佐』 Colonel Carter of Cartersville (1891) で有名になり,以後次々と作品を発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Sir Francis Pettit

[生]1808.2.9. ケントヒース近郊
[没]1874.2.12. サウスケンジントン
イギリスの発明家。船のスクリュープロペラの改良,普及に大きな役割を果した。少年時代から船の推進機に興味をもち,1835年スクリュープロペラの実験に成功してからは,生涯スクリューの改良に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, George

[生]1840.3.26. ロンドン
[没]1876.8.19. ハラブ
イギリスのアッシリア研究家。 S.H.C.ローリンソンらの影響を受けて,1867年以後大英博物館に勤め楔形文字板を解読。 72年ノアの洪水伝説に類似したカルデアの記録を見つけて発表。その後『デーリー・テレグラフ』紙の資金によるニネベ発掘にも参加した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Sir George Adam

[生]1856.10.19. カルカッタ
[没]1942.3.3.
スコットランドの牧師,セム学者。旧約聖書の研究家,説教者として知られた。エディンバラに学ぶ。アバディーンで牧会 (1882) 。グラスゴーのユナイテッドフリーチャーチ大学で旧約聖書学教授 (92) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Gerard Coad

[生]1914.5.4. ニューヨーク
[没]1994.7.4. メリーランド,イーストン
アメリカの外交官。エール大学卒業。 1939~50年弁護士。 50~54年アメリカ原子力委員会特別補佐官。 54~57年国務長官特別補佐官 (原子力問題担当) 。 57~61年国務次官補 (政策企画担当) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Grafton Elliot

[生]1871.8.5. グラフトン
[没]1937.1.1. プリムローズ
イギリスの解剖学者,人類学者。マンチェスター大学教授。文明のエジプト起源説で知られた。彼は古代エジプトの墳墓の人骨の研究に端を発して,ミイラの製作,巨石建造物,太陽信仰などを特徴とする古代エジプトの文化が,一元的に発生して世界各地に広まり,諸文明のもとになったと考えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Sir Harry George Wakelyn, Baronet

[生]1787.6.28. イーリー
[没]1860.10.12. ロンドン
イギリスの軍人。ナポレオン1世に対する半島戦争,アメリカ=イギリス戦争,ワーテルローの会戦など,各地で従軍,転戦したのち,1828年ケープ植民地駐在官となり,34~35年現地民カフィル人との紛争に活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Ian

[生]1919.4.8. ローデシア,セルクウェ
[没]2007.11.20. 南アフリカ共和国ケープタウン
ローデシア (現ジンバブエ) の政治家。フルネーム Ian Douglas Smith。スコットランドから移住した農民の子。南アフリカ連邦ローズ大学卒業。 1948年野党の自由党からイギリス自治植民地の南ローデシア立法院議員となり,1961年白人優越を提唱するローデシア戦線を結成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, James

[生]1719?
[没]1806.7.11. ペンシルバニア
アメリカの法律家。独立宣言署名者の一人。アイルランドからペンシルバニアに移民し弁護士を開業。アメリカ独立革命では西部の代表として活躍。ペンシルバニアからの大陸会議への代表 (1776~78) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Jededlah Strong

[生]1798.6.24. ニューヨーク,ベインブリッジ
[没]1831.5.27. シマロン川上流
アメリカの探検家,毛皮交易業者。 1826年ソルトレークを出発し,ユート族パイユート族,モヘイブ族インディアンの領有地を通り,シェラネバダを縦断してカリフォルニアにいたる道を初めて踏破。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, John

[生]1554頃
[没]1612. アムステルダム
イギリスのバプテスト派の創始者。ケンブリッジ大学に学び,イギリス国教会の牧師となったが,1606年離脱。 08年ヘルウィスらと分離派の一団を率いてアムステルダムへ亡命,バプテスト教会を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, John

[生]1580頃.リンカーンシャーウィロビー
[没]1631.6. ロンドン
イギリスの軍人,探検家,作家。バージニアジェームズタウン植民地の建設者の一人。 1604年頃ハンガリーで兵士としてトルコ軍と戦う。 07年チェサピーク湾に3隻の船を進めて,ジェームズタウン植民地の建設期にすぐれた指導力を発揮。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, John Raphael

[生]1752. ダービー
[没]1812.3.2. ウォーチェスター
イギリスの画家,版画家。画家トマス・スミスの息子。ロンドンでメゾチント銅版法を学び,その分野の第一人者となる。約 300点の彼の肖像版画が現存し,ロンドンの国立肖像画美術館には,パステル自画像をはじめ,多くの彼の作品が収蔵されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Joseph

[生]1805.12.23. バーモント,シェアロン
[没]1844.6.27. イリノイカーセッジ
アメリカのモルモン教教祖。自伝的著作 The Book of Mormon (1830) の出版直後,1830年4月6日古代キリスト教の復活の名のもとに末日聖徒イエス・キリスト教会 Church of Jesus Christ of Latter Day Saintsを結成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Logan Pearsall

[生]1865.10.18. ニュージャージー,ミルビル
[没]1946.3.2. ロンドン
アメリカ生れのイギリスの評論家,随筆家,英語学者。 1913年イギリスに帰化。簡潔な文章に警句,ユーモア,深い英知をこめた彼の随筆は高く評価され,『随想集』 Trivia (1902) ,『続随想集』 More Trivia (21) などにまとめられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Oliver

[生]1918.2.13. アメリカ,ウィスコンシン,ウォーパン
[没]1994.1.23. アメリカ,ニューヨーク,ブルックリンハイツ
アメリカの舞台装置家。 1939年ペンシルバニア州立大学を卒業。 41年よりバレエや演劇,オペラなどの舞台装置を手がけ,『マイ・フェア・レディ』 (1956) ,『ウエスト・サイド物語』 (57) ,『サウンド・オブ・ミュージック』 (59) などのミュージカルの装置でトニー賞を7回受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Seba

[生]1792.9.14. メーン,バックフィールド
[没]1868.7.28. ニューヨーク,パチョーグ
アメリカのジャーナリスト,風刺作家,編集者。典型的ヤンキーダウニング少佐の筆になると称する一連のユーモラスな時事風刺的手紙で人気を博した。代表作は『ダウニングビルのジャック・ダウニング少佐の生活と著作』 The Life and Writings of Major Jack Downing of Downingville (1833) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Sydney

[生]1771.6.3. エセックスウッドフォード
[没]1845.2.22. ロンドン
イギリスの著述家,聖職者。 1802年に雑誌『エディンバラ・レビュー』創刊に参画,同誌上に健筆をふるう。主著はカトリック解放を弁護した『ピーター・プリムリー書簡』 Letters of Peter Plymley (1807) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Theobald

[生]1859.7.31. ニューヨーク,オールバニ
[没]1934.12.10. ニューヨーク
アメリカの病理学者。感染症や寄生虫症の原因や免疫の研究で知られている。 1896年ハーバード大学教授,1915年ロックフェラー医学研究所動物病理学部長。 1884年に D.サルモンと協力して,死滅ウイルスは生存ウイルスに対する免疫を与えうることを証明した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Vincent Arthur

[生]1848
[没]1920
イギリスのインド学者。インド史の専門家。『インド古代史』 The Early History of India (1904) などの著書がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, W. Eugene

[生]1918.12.20. カンザスウィチタ
[没]1978.10.15. アリゾナトゥーソン
アメリカ合衆国の写真家。フルネーム William Eugene Smith。14歳から写真を始め,『ニューズウィーク』誌のカメラマンを振り出しに,19歳で『ライフ』誌のスタッフとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, William

[生]1769.3.23. チャーチル
[没]1839.8.28. ノーサンプトン
イギリスの地質学者。初等教育を受けただけであったが,測量助手,のちに技師となり,サマセットの石炭輸送運河工事などに従事。この間独学で地層地質を観察研究し,また特定の地層には特定の化石が出ることも発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, William Robertson

[生]1846.11.8. アバディーン近郊キー
[没]1894.3.31. ケンブリッジ
イギリス,スコットランドの自由教会派牧師。セム学者,旧約聖書学者,百科事典編集者。旧約聖書の高等批評,聖書問題,ヘブライ語とその文学などについて『ブリタニカ百科事典』に数次寄稿,名声を博したが,その学説のため教会から聖務停止の処分を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Dame Maggie

[生]1934.12.28. イルフォード
イギリスの舞台・映画女優。本名 Margaret Natalie Smith。オックスフォードプレーハウスの演劇学校で演技を学び,1952年からオックスフォード,1955年からロンドンでレビューに出演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Jimmy

[生]1928.12.8. ペンシルバニア,ノリスタウン
[没]2005.2.8. アリゾナ,スコッツデール
アメリカ合衆国のミュージシャン。本名 James Oscar Smith。ソウルジャズスタイルを確立し,電子オルガンジャズの主要楽器の一つにした。独自の演奏スタイルで軽やかに旋律を弾いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, George E.

[生]1930.5.10. ニューヨーク,ホワイトプレーンズ
アメリカ合衆国の物理学者。フルネーム George Elwood Smith。ペンシルバニア大学を卒業後,1959年にシカゴ大学で物理学の博士号を取得した。同1959年,ベル研究所に入り 1986年まで勤めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Hamilton Othanel

[生]1931.8.23. ニューヨーク
アメリカの微生物学者。 1952年にカリフォルニア大学バークリー校卒業後,ジョンズ・ホプキンズ大学で学び,56年医学部の学位を取得。 62年ミシガン大学微生物遺伝学研究員,64年研究助教授となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith, Michael

[生]1932.4.26. イギリス,ブラックプール
[没]2000.10.4. カナダ,バンクーバー
イギリス生れのカナダの生化学者。 1956年マンチェスター大学で博士号を取得。 64年カナダの市民権を取得。アメリカとカナダで多くの職についたのち,66年ブリティシュコロンビア大学準教授,87年バイオテクノロジー研究所部長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スミス
スミス
Smith,Vernon L.

[生]1927.1.1. カンザス,ウィチタ
アメリカの経済学者。 1949年,カリフォルニア工科大学を卒業後経済学に転向し,51年カンザス大学で修士,55年ハーバード大学で博士号を取得。 55年からインディアナ州パーデュー大学ロードアイランド州ブラウン大学マサチューセッツ大学,カリフォルニア工科大学などで教鞭をとりながら研究を続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スミス(Adam Smith)

[1723~1790]英国の経済学者。古典派経済学の創始者。スコットランドの生まれ。主著「国富論」は経済学を初めて科学的に体系づけた大著で、重商主義を批判して自由放任主義の経済を説き、経済学の原典となった。

スミス(Henry John Smith)

[1826~1883]英国の数学者。整数論・近世幾何学の研究に貢献。

スミス(William Robertson Smith)

[1846~1894]英国の聖書学者。聖・俗の観念を社会的立場から考察し、宗教の比較研究法を開拓。著「セム族の宗教」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スミス

英国の社会科学者。古典派経済学の創始者。1751年―1763年グラスゴー大学教授,1787年同大学総長。主著《国富論》(1776年)は経済学最大の古典である。経済行為は利己心を動機とするが,利己心は同感(利他心)という社会的原理を通しておのずから自然の秩序,公共の福祉をもたらすとして,資本主義経済の法則性を追究し,富の源泉を労働に求める労働価値説,労賃・利潤・地代の決定理論などを展開して経済学の基礎を築いた。
→関連項目啓蒙思想社会科学自由貿易主義セー生産価格生産費説小さな政府ヒュームレースラー

スミス

米国のブルース歌手。1920年代を代表する本格派女性ブルース歌手で,〈ブルースの皇后〉の異名をとる。ボードビル一座との巡業を通して頭角を現し,レコード会社のディレクターの目にとまり,1923年レコード・デビューの好機をつかんだ。

スミス

英国の技術者。初め農業に従事していたが,1836年に木ねじ型のスクリュー・プロペラの特許を取得し,スクリュー・プロペラの改良と普及に専念した。1839年には2枚翼スクリュー・プロペラを装備したアルキメデス号を建造,英国1周の航海を行って,スクリュー・プロペラの優秀性を立証した。
→関連項目エリクソン

スミス

米国の分子生物学者。カリフォルニア大学卒。1973年,ジョンズ・ホプキンズ大学教授。特定の塩基配列を認識してDNAを切断する酵素(制限酵素)を発見,この業績により,1978年,アーバーネイサンズとともにノーベル医学生理学賞を受賞。

スミス

英国の探検家,植民者。軍人としてトルコ軍と戦い捕虜となったが,1604年帰国。1607年バージニア会社の植民事業に参加して現地に赴き,現地人に捕らえられ,首長の娘ポカホンタスの助命によって救われて,翌年総督となり帰国。

スミス

米国の写真家。カンザス州ウィチタ生れ。1933年より,若くして地元の新聞社のカメラマンとして臨時雇用され,1935年からは《ニューズウィーク》誌のスタッフ・カメラマンとなる。

スミス

英国の地質学者。オックスフォードシャー州チャーチルの農家の生れ。独学で測量技師となり,土木工事に従事する過程で地層の重なり具合と化石に関心をもち,イングランドジュラ系についてその層序を明らかにするとともに,化石による地層同定の原理を発見。
→関連項目フュックセル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

スミス Smith, Robert Henry

1852-1916 イギリスの工学者。
明治7年(1874)来日。開成学校,後身の東京大学機械工学,土木工学をおしえた。満期前の11年帰国。バーミンガム名誉教授。1916年2月18日死去。64歳。エジンバラ大卒。

スミス Smith, Roy

1878-1969 アメリカの教育家。
明治36年(1903)来日。大倉高商などで英語をおしえ,いったん帰国。42年再来日し,神戸高商で商業学,外国貿易実務を講義した。第二次大戦中は一時帰国したが,半世紀にわたり日本の教育につくした。昭和43年帰国。1969年6月死去。91歳。イリノイ州出身。イリノイ州立大卒。

スミス Smith, Sarah Clara

1851-1947 アメリカの宣教師,教育者。
1851年3月24日生まれ。明治13年(1880)来日。東京,函館でおしえ,19年北海道師範の英語教師となる。かたわら官舎内に女子寄宿学校をひらく。27年校名を北星女学校(現北星学園)とし,女子教育につとめた。昭和6年帰国。1947年2月18日死去。95歳。ニューヨーク州出身。
【格言など】過去を忘れ,将来を望みつつ,現在を努力せよ(信条)

スミス Smith, William Eugene

1918-1978 アメリカの写真家。
1918年12月30日生まれ。第二次大戦では従軍カメラマンとして沖縄戦などを取材。戦後「ライフ」誌を中心にドキュメントを発表。昭和46年より3年間日本に滞在し,公害でくるしむ水俣(みなまた)病の患者を撮影した。1978年10月15日死去。59歳。カンザス州出身。作品に「スペインの村」「MINAMATA」など。

スミス Smith, Erasmus Peshine

1814-1882 アメリカの法律家。
1814年3月2日生まれ。日本外務省の最初の国際法顧問として明治4年(1871)来日。5年のマリア-ルス号事件にかかわる日本はじめての国際裁判では,外務省を指導し,事件を解決にみちびいた。9年帰国。1882年10月21日死去。68歳。ニューヨーク市出身。ハーバード法律学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

スミス

没年:1882.10.21(1882.10.21)
生年:1814.3.2
米国の法律家,最初の外務省法律顧問。ニューヨーク市生まれ。米国国務省の法律顧問。日本政府の依頼で国務省が推薦し,年俸1万ドルの条件で明治4(1871)年秋に来日。来日早々,日清修好条規第2条が日清間攻守同盟の疑いありとの米,独からの照会に対し,同条は1858年の米清間の天津条約に準拠していると,米,独に詳説,納得させた。明治5年のマリア・ルス号事件で日本は初めて国際裁判を経験するが,スミスは外務省を指導し,事件を処理した。契約は7年10月に満了となったが,同事件残務処理のためなお2年在日した。ニューヨーク州ロチェスターで死去。<参考文献>今井庄次『お雇い外国人12 外交』

(河村一夫)

スミス

没年:1916.2.18(1916.2.18)
生年:1852
明治期に来日したお雇い外国人。イギリス人教師。エジンバラ大学を卒業し,会社勤務をしたのち,明治7(1874)年9月に開成学校機械学教師として来日し,同校が東大に昇格後も引き続き機械学,数学などを教え,11年に帰国した。日本を去るとき,《Valedictory Address to the Engineering Students of Tokio^ Dai Gaku》と題する演説をした。ダイアーの経営する工部大学校(東大)の教育方法に対して批判的であって,のちにこの問題についてダイヴァーズと論争した。帰国後,バーミンガム大学の前身校メーソン・カレッジで機械学を教え,同大学の名誉教授となった。

(三好信浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スミス【Adam Smith】

1723‐90
イギリスの道徳哲学者,経済学者。主著《国富論》はあまりに有名。スミスという姓がイギリスではひじょうに多いので,アダム・スミスと姓・名をあわせて呼ぶのがふつうである。D.リカードとともに古典派経済学を代表し,他方では,その経済学と道徳哲学moral philosophyとの結合によって,不可侵自己保存権(自然権)をもつ近代的個人の,自愛心=利己心に基づく活動が,平和的に共存して社会を構成し維持できることを明らかにした点で,スコットランド啓蒙思想のなかで特異な位置を占める。

スミス【Alfred Emanuel Smith】

1873‐1944
アメリカの政治家。アイルランド系カトリック教徒移民の子として,ニューヨーク市のスラム街に生まれた。1903年ニューヨーク州下院議員に当選,アイルランド系票を背景に政界に着実な地歩を占め,18年には州知事に当選,行政改革社会福祉で実績をあげ,名知事として4期務める。その間24年民主党全国大会では指名を逸したが,28年には指名され,アメリカ史上最初のカトリック教徒の大統領候補となった。好況のゆえもあって現職のH.C.フーバーに敗れたが,北部の大都市票を獲得した。

スミス【Eugene Smith】

1918‐78
アメリカの写真家。カンザス州のウィチタ生れ。18歳で《ニューズ・ウィーク》,19歳で《ライフ》のスタッフとなったスミスは,以後一貫してフォトジャーナリズム(グラフ・ジャーナリズム)の世界を歩んだ。彼の求道的・理想主義的なヒューマニズムグラフ雑誌編集者との衝突も生んだが,数々の人間愛に満ちた傑作を生みだした。〈カントリードクター〉(1948),〈スペインの村〉(1950),〈慈悲の人シュワイツァー〉(1954)など《ライフ》誌に発表された写真は,単にルポルタージュとして優れているだけでなく,写真芸術としての完璧さを備えている。

スミス【Francis Pettit Smith】

1808‐74
イギリスの発明家。1836年,二つのねじ山をもった木ねじ型のスクリュープロペラで特許を得,同年,10トンの汽船フランシス・スミス号を造り,この木製のねじ型スクリューを装着し,ロンドンの運河で実験した。実験中,ねじ山の一つが折れたが,これによりかえって船速を増したことにヒントを得て,二枚翼のスクリューを考案した。39年には直径1.75mの二枚翼スクリューを装備した長さ32.3m,総トン数約240トンのアルキメデス号Archimedesを建造,同船は,イギリス一周の試験航海でスクリューの優秀性を実証し,当時,ブリストルの造船所で鉄製汽船グレート・ブリテン号を建造中であったI.K.ブルネルは,予定していた外輪をやめスクリューを採用したほどであった。

スミス【William Smith】

1769‐1839
イギリスの地質学者。オックスフォードシャーの鍛冶屋に生まれ,若いころ,当時盛んであった運河工事を手伝ううち,測量技師となり,終生,土木技師civil engineerを名のった。工事のかたわら,地層の特徴に注目,地層の重なり,連続の規則性に気づき,地質図にまとめ,1815年に大きな《イングランド,ウェールズ,およびスコットランドの一部の地質図》を出版した。また特定の地層には特定の化石を産することに着目,1816年から地層ごとの化石図鑑《化石によって同定される地層》を出版しはじめたが,財政難で中断。

スミス【John Smith】

1579か80‐1631
イギリスの軍人,探検家,著作家。軍人としてヨーロッパ大陸でトルコ軍と戦って捕らえられるが,脱走して1604年ころ帰国。07年ロンドン・バージニア会社の植民者をつれて北アメリカのジェームズタウンに上陸し,バージニア植民地を建設した。インディアンに捕らえられ,長の娘ポカホンタスの助命で助かったり,現地経営の内紛で死刑となる寸前に新移住者をつれてきたC.ニューポート船長に助けられるなどの苦労ののち,08年総督に選ばれ,09年帰国。

スミス【John Smyth(Smith)】

1570ころ‐1612
イギリス,ピューリタン運動の一支流をなしたバプティスト派の創始者。ケンブリッジ大学に在学中,同大学に盛んであったピューリタニズムにふれて回心した。卒業後しばらく英国国教会の牧師をつとめたが,のち分離派(セパラティスト)の群れに加わってその指導者となった。1607年の末,迫害を避けてアムステルダムへ脱出,そこでメノー派の影響を受けた。11年,亡命以来の同志T.ヘルウィズとJ.マートンはイギリスに帰って,最初のイギリス・バプティスト教会をつくった。

スミス【Joseph Smith】

1805‐44
モルモン教(正称は末日聖徒イエス・キリスト教会)の開祖。1820年以後啓示を受け,これを《モルモン経Book of Mormon》として出版,同時に教会を組織した(1830)。モルモン教では《モルモン経》を聖書と並ぶ教典とみなす点で,正統的なキリスト教と区別され,そのほか異言や神癒を信ずる。教会は急速に発展したが,その特異な教義と慣習のゆえに反感を買い,スミスは暴徒に襲われて死んだ。しかし,教会は後継者B.ヤングの指導により大いに成長,ソルト・レークシティを建設しユタ州設立に及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スミス【Smith】

〔Adam S.〕 (1723~1790) イギリスの経済学者。古典派経済学の祖。その著「道徳情操論」で経済人の利己的な行為が「神の見えざる手」に導かれて自ら企図せざる結果を生むとした。また「国富論」で富の本質は日常的消費物資にあり、その源泉は労働にあるとして、それを保証する近代的所有権の確立が必要であることを主張、産業革命の理論的基礎を与えた。
〔Bessie S.〕 (1894~1937) アメリカの黒人女性ブルース-ボーカリスト。1920年代、ブルースの草創期に活躍、「ブルースの皇后」と呼ばれた。
〔David S.〕 (1906~1965) アメリカの彫刻家。幾何学的な形態を組み合わせた金属彫刻で知られる。
〔Edward Elmer S.〕 (1890~1965) アメリカの SF 作家。スペース-オペラの代表的作品「スカイラーク」「レンズマン」のシリーズで知られる。
〔Eugene S.〕 (1918~1978) アメリカの写真家。すぐれたヒューマン-ドキュメントを「ライフ」誌などに発表。作品に「田舎医者」「シュバイツァー」「スペインの村」「水俣」など。
〔William S.〕 (1769~1839) イギリスの地質学者。出土する化石によって地層が特定できることを発見。イギリス各地の地質図を作製。イギリス地質学の祖といわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスミスの言及

【イギリス経験論】より

…端的に,人間と自然との交渉のうちに成り立つ自然的経験世界の定立から,人間の間主観的相互性を通して再生産される社会的経験世界の発見に至る経験概念の不断の拡大傾向がそれである。こうした動向に注目するかぎり,イギリス経験論の歴史的サイクルは,通説よりもはるかに長く,むしろF.ベーコンによって始められ,A.スミスによって閉じられたと解するほうがより適切であると言ってよい。その経緯はほぼ次のように点描することができる。…

【価値】より

…価値は価格にとって内面的inherentもしくは内在的intrinsicであるとされたのである。このいわゆる真実価値real valueの根拠を定めるのが,A.スミスからA.マーシャルにいたる古典派および新古典派の価値論における一つの重要な仕事であった。注意しなければならないのは,このような価値と価格との密接な連関のために,両者がしばしば混同されるということである。…

【株式会社】より

…18世紀半ば以降は,このような法人格をもたない非公認会社の時代であった。当時の会社企業についてアダム・スミスは《国富論》(1776)で次のような見解を示している。まず第1に,他人の貨幣を管理する会社の重役は,自己の貨幣に対するほどの慎重さを欠くから,会社企業は個人企業やパートナーシップのような資本の所有と経営が結合した企業形態に比べて経営能率が低い。…

【居住制限法】より

…この法は18世紀後半の経済自由主義の発展期まで機能しつづけた。自由主義経済の使徒アダム・スミスは,居住制限法は自然的自由と正義に対する明らかな侵害であり,この法によって自由な労働市場の形成が妨げられたと批判した。このような批判にもかかわらず,この法が維持されつづけたのは,救貧税の増大と貧民の増加に反対する中産階級と各教区とが示した自己中心的な態度と,本法が地主や借地農家に対しては農業労働力を自己の教区に引き止めるという利益をもたらしていたことによる。…

【軍事費】より

…ただし実際には当時フランスの租税は2割程度であったとみられる。A.スミスも《国富論》で分業の原理から職業的軍隊の必要性を説き,軍事技術の進歩は軍事費を増大させるが,それは他国からの不正な侵略を排除し,文明を繁栄させる,といっている。 近代国家が確立し国民軍が成立するにしたがって,軍事費の大きさが兵器の発達や戦争の規模の拡大とあいまって大きくなり,また近代兵器の出現は戦争のもたらす破壊・悲惨さをいっそう重大な問題にした。…

【経済学】より

…もちろん,J.ロビンソンをはじめとして批判は多いが,ロビンズの考え方は現在にいたるまで近代経済学の指導原理の一つとなっている。
【スミス《国富論》】
 経済学が今日のような形での一つの学問分野としてその存在を確立されたのはA.スミスの《国富論》に始まると一般に考えられている。《国富論》の初版は1776年に刊行されたが,書名は直訳すれば《諸国民の富の性質と原因に関する研究》であり,これは〈政治経済学political economy〉と同じ意味に用いられている(political economyの語が使われなかったのは,1767年刊のJ.スチュアートの著書にすでに使われていたからと考えられている)。…

【経済学および課税の原理】より

…部や編に大別されぬ章のみの構成で,初版(750部)は30章からなり,一見雑然とした感じを与えるが,第1~7章の〈経済学の原理〉編,第8~18章および第22・23・29章の〈課税〉編,そして残りの〈補遺ないし論争〉編,の3部からなるとみなすことができる。リカード理論の骨格をなす第1部では,A.スミスが投下労働論・支配労働論の二元論に放置した価値論を投下労働論で一貫して説明しようとし,またその差額地代論,利潤率低下傾向の問題を中心とする地主・資本家・労働者3階級間の長期的・巨視的分配関係を論じた巨視的動態論,国際貿易における比較生産費説などでも,以後の経済学に大きな影響を与えた。投下労働価値論と関係する不変の価値尺度の問題はリカードの終生の問題であったが,21年の第3版では,その点が修正されるとともに,有名な〈機械について〉という第31章が付加された。…

【経済学説史】より

…しかし重農主義においては,土地だけが純生産物を生むと考えられ,前貸しとしての資本の概念は確立されていたが,恒常的所得としての利潤の概念は存在しなかった。 古典派経済学の創設者は《国富論》(1776)の著者A.スミスであり,重農主義者と同じく自然法思想により自由放任を提唱,重商主義を論難した。私利の追求は価格機構のみえざる手に導かれて公益を促進するというのである。…

【経済人】より

…経済学の始祖ともいうべきA.スミスは,経済活動において人間はセルフ・インタレストにもとづいて行為するものだ,と考えた。セルフ・インタレストの意味は,元来,自己に関連した事柄への関心ということであるが,それをせまく解釈すると私利私欲ということになる。…

【啓蒙思想】より

…とはいえ,なおブルジョア的個人主義にもとづく啓蒙の社会哲学の一面性,形式性は,ルソーを先駆とするロマン派の一連の共同体論による批判を呼びおこすことになる。
[経済思想]
 新興市民階級の立場からする生産と流通,分配といった経済現象の分析が,ロック,ケネー,スミスらによって発展せしめられた。スミスにみられる国家による統制の排除と自由主義経済の考えは,こうした動きの一つの到達点を示すものといってよいだろう。…

【厳復】より

…生存競争,優勝劣敗による進化という社会進化的観念は,当時の知識人に中国は亡国の危機にさらされているという意識をよびおこし,桐城派古文の典雅な文章とあいまって,《天演論》は青年たちに暗誦されるほど歓迎され,彼の名を不朽のものにした。それ以後彼は,アダム・スミス《原富》(1902,《国富論》),ミル《群己権界論》(1903,《自由論》),ミル《穆勒(ぼくろく)名学》(1905,《論理学体系》),モンテスキュー《法意》(1904‐09,《法の精神》)など多くの翻訳を出版し,西欧近代の学術的成果を紹介した。しかし,辛亥革命(1911)以後は,しだいに伝統思想へ接近してゆき,袁世凱の帝制運動を助けるなど,かつての名声も地に落ち,1921年,五・四新文化運動のさなか,病没した。…

【交換】より

…この立場を代表するのはM.ウェーバーであり,表現は異なるがK.マルクスが商品の交換過程を論じるさいに示している理解も同趣旨のものである(《資本論》1編2章)。いまひとつの立場はA.スミスによって代表される。彼は分業の発生に関して,それは人間の本性のなかにあり,そして人間だけに見いだされる交換性向,すなわちある物を他の物と取引し,交易し,交換するという性向が,利己心に刺激されてひきおこすところの必然的帰結であると説く(《国富論》1編2章)。…

【国富論】より

…アダム・スミスの主著で,経済学の最初の体系的著作。全2巻。…

【国家】より

…たとえば,J.ロックは国家と市民社会を区別し,市民社会は国家に一定限度内で統治を信託しているにすぎないと主張した。またA.スミスは,人間は〈神の見えざる手〉によって導かれているとして,市民社会の自律性を説き,最小の政府こそ最良の政府であるとした。このように,市民社会の自律性を主張することは,国家批判の系譜においても重要な位置を占める。…

【古典派経済学】より

…古典派経済学(略して古典派あるいは古典学派ともいう)とは一般に,18世紀の最後の四半世紀から19世紀の前半にかけイギリスで隆盛をみる,アダム・スミスリカードマルサスJ.S.ミルを主たる担い手とする経済学の流れをさしている。D.ヒュームらアダム・スミスの先行者や19世紀のJ.ミル,J.R.マカロック,R.トレンズ,ド・クインシー,S.ベーリー,N.W.シーニアー,S.M.ロングフィールドらをどう扱うか,またJ.S.ミルに後続するフォーセットHenry Fawcett(1833‐84)やケアンズJohn Elliot Cairnes(1823‐75),フランスのセーやシスモンディをどう扱うかについて,多少考え方の相違があるが,おおむねこれらの人たちも含まれる。…

【重商主義】より

…この論争は,重金主義者G.deマリーンズと貿易差額論者E.ミッセルデンおよびT.マンとの間で行われ,前者が直接的,個別的な貿易統制政策による貨幣的富の国外流出防止と流入促進とを主張したのに対し,後者は総括的貿易バランス論を主張し,最終的にはマンの主著《外国貿易によるイングランドの財宝》(1664,死後出版)によって体系化された。A.スミスはこのマンの主著を〈すべての他の商業国の経済学の基本的命題になった〉ものと評価し,それ以来この著書は長いあいだ重商主義の古典とみなされてきた。総括的貿易バランス論は,貨幣的富を重金主義のように直接重視するのではなく,むしろより多くの貨幣的富を獲得するための元本(資本)とみなし,一歩発展した見地を示した。…

【重農主義】より

…重農主義者(フィジオクラットphysiocrates)たちは,自分たちをエコノミストéconomistesと呼んでいた。それが重農主義agricultural systemと呼ばれるようになったのは,A.スミスが《国富論》でそう呼んだことによるものと思われる。
[重農学派の政策的主張]
 フィジオクラシーとは,もともと〈自然の統治〉を意味する語で,重農学派は王権を合法的に制限する合法的専制主義を最良の政体と考え,当時のルイ王朝を是認しながら自然的秩序による開明的社会を実現しようとした。…

【自由放任主義】より

…自由放任ということばはA.スミスの《国富論》(1875)の主張を要約したものとして知られている。そして,しばしば,自由放任,レッセ・フェールとは現実の経済をあるがままに放置せよ,あるいは,すべての経済主体とくに生産者(企業)に好き勝手にやらせるのがよい,という意味であるかのように誤解されてきた。…

【道徳感情論】より

A.スミスがグラスゴー大学の道徳哲学教授のとき,36歳で出版した処女作。1759年刊。…

【見えざる手】より

…個々人の私益追求のエネルギーが結果的に社会全体の利益増進に役立つことを示すのに,アダム・スミスは著書《国富論》第4編第2章,および《道徳感情論》第1編第4部において,〈見えざる手に導かれてled by an invisible hand〉という表現を用いた。19世紀になると〈見えざる神のみ手〉と誇張して,独占利潤を含めた無法な私益追求までも正当化しようとする傾向を生じたが,スミスの本意では,私益追求に伴う弊害が市場での主体間競争によって除去され浄化されることを大前提としているのである。…

【労働】より

…産業とは人間が労働によって富を目的意識的に形成する活動なのである。 こうした思想は,A.スミスを頂点とする古典派の経済学者によって,労働を起点として国民の富の形成を説明する,最初の経済学説(〈古典派経済学〉の項参照)として完成されるのだが,そこでは労働は富の源泉となる人間の能動的な,対象に働きかける活動として把握されている。これは労働が自然(神々)に従う生活や(神に定められた)職で生きる生活の一部であったそれまでとは,たいへん大きな逆転であった。…

【労働価値説】より

…17世紀のW.ペティはその《租税貢納論》(1662)において,穀物と銀の生産における剰余生産物の価値の比較から,部分的ではあるが素朴な形で労働が価値の積極的な要因であることを主張した。しかし体系的な形では18世紀後半のA.スミスがはじめてそれを論じたといってよいだろう。スミスはその《国富論》(1776)において,労働こそが人間が自然に対して支払う〈本源的購買貨幣〉であることを明らかにするとともに,労働の量が価値の真実の標準尺度であることを指摘し,それを彼の経済学の体系の基礎に据えた。…

【マグナム】より

…その後スイス人のビショッフWerner Bishof(1916‐54),オーストリア人のハースErnst Haas(1921‐86)など個性的な写真家がつぎつぎと参加し,《ライフ》《パリ・マッチ》など世界的な雑誌を舞台に大活躍した。またE.スミスも一時参加し,そのころに一大写真叙事詩ともいえる《ピッツバーグ》(1955‐58)の写真を撮っている。その後ダビッドソンBruce Davidson(1933‐ ),ハーバットCharles Hurbuttなどが参加し,マグナムの写真もしだいに楽天的なヒューマニズムを表現するものから,よりパーソナルな視点をもつものに変化する。…

【ライフ】より

…それは複数の写真の組合せとキャプションとにより,視覚的な解説以上にテーマの内面的な真実へと迫ろうとする試みであった。〈フォト・エッセー〉という新しい方法への意識の確立は,すでに1937年のアイゼンシュテットによる《ワッサー女子大学》という組写真に対する,編集者の〈エッセイストとしてのカメラ〉という解説にも示されており,のちレナード・マッコムの,地方からニューヨークへ来て働きながらファッション・モデルになることを夢みる一人の女性の日常を追った《グウィンド・フィリングの私生活》(1948),フランコ政権下で昔ながらの伝統的な生活をする寒村の人々を描いたユージン・スミスの《スペインの村》(1951),アメリカのアイルランド系移民たちの姿を撮ったドロシア・ラングの《アイリッシュ・カントリー・ピープル》(1955)など,50年代を中心にして数多くの傑作が生まれた。《ライフ》はこれらの写真によって,いわゆるニュース写真では知ることのできない〈日常的な世界の中の隠された真実〉を読者に伝え,フォト・ジャーナリズムの新しいあり方を打ち立てたということができよう。…

【古生物学】より

…18世紀になると,博物学者らによってこのような宇宙開闢(かいびやく)説cosmogonyに磨きがかけられる一方,化石の優れた写生図を伴った体系的分類が進められ,古生物学への下地を作った。18世紀の博物学者らは化石とそれを含む地層の岩質との対応関係をおおまかに知っていたが,W.スミス(1769‐1839)によって生層位学(化石層位学)の方法が確立され,広域の地層対比のための化石の価値が明らかにされた。さらに重要な理論的貢献をしたのはG.キュビエ(1769‐1832)で,彼は比較解剖学を創始して脊椎動物化石を研究した。…

【地層】より

…このステノが観察したものが,地史学における基本的概念の一つといわれる〈地層累重の法則〉に発展する。18世紀になって,現代地質学が確立していくが,その間に貢献のあった2人を挙げるとJ.ハットンとW.スミスである。ハットンは現在みられる運搬・浸食・堆積などの作用は過去の地層を理解するうえに重要な意味があり,それを〈現在は過去の鍵である〉という,後に斉一説と呼ばれる考えで示した。…

【バプティスト】より

…教会政治は各個教会の独立自治にもとづき,政教分離を主張するのが特色。17世紀の初め英国国教会に迫害されてアムステルダムに逃れたJ.スミスによって創立され,アメリカにはピューリタンの一人R.ウィリアムズによって最初の教会がロード・アイランドに設立された(1639)。17世紀にはフロンティアの西漸につれて中西部と南部への伝道に力を注ぎ,現在はアメリカ最大の教派となっている。…

【モルモン教】より

…〈末日聖徒イエス・キリスト教会Church of Jesus Christ of Latter‐Day Saints〉の俗称。1830年スミスJoseph Smith(1805‐44)によって創立された。スミスが発見したとされるアメリカ大陸の古代住民に神から与えられた《モルモン経》を旧新約聖書とならぶ経典として重要視し,シオン(神の国)がアメリカ大陸に樹立されることを信じる。…

【モルモン教】より

…〈末日聖徒イエス・キリスト教会Church of Jesus Christ of Latter‐Day Saints〉の俗称。1830年スミスJoseph Smith(1805‐44)によって創立された。スミスが発見したとされるアメリカ大陸の古代住民に神から与えられた《モルモン経》を旧新約聖書とならぶ経典として重要視し,シオン(神の国)がアメリカ大陸に樹立されることを信じる。…

※「スミス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スミスの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スミスの関連情報