ジェルム(英語表記)Jhelum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェルム
Jhelum

パキスタン北東部,パンジャブ州,ラワルピンディー県の町。ラワルピンディー南東 100kmにあり,ラホール-ラワルピンディー間の鉄道の主要駅。インダス川支流ジェルム川西岸にのぞみ,インド国境から 20kmの内陸に位置する。前4世紀にアレクサンドロス大王が発見したといわれ,古くから河川交通の要衝として発展,カシミール地方からの木材,ソルト山脈からの岩塩の積出港となっている。最近では製材,合板,繊維,たばこなどの工場も進出し,軽工業の中心地。カシミール紛争以来,軍事的要地にもなり,郊外には軍事施設がある。人口 10万 6462 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android