ジェームス・タフト ジョーダン(英語表記)James Taft Jordan

20世紀西洋人名事典の解説

ジェームス・タフト ジョーダン
James Taft Jordan


1915.2.15 - 1981.12.1
米国のトランペット奏者,歌手。
サウスカロライナ州フローレンス生まれ。
セイント・ジョセフ・スクール・バンドでバリトン・サックスとトランペットを担当。プロ・デビューは、ジミー・ゴーハムのバンドで演奏する。1933年チック・ウェッブ楽団に加入し、’36年ウイリー・ブライアント楽団で活躍。’43〜47年デューク・エリントン楽団で演奏する。’49年より4年間ルシル・ディクソン楽団の一員となる。’60年自らのクインテットブロードウェイのミュージカル「ハロー・ドーリー」を演奏する。’73年ニューポート・ジャズ祭に登場し、’77年レット・リチャード・トリオに参加する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android