コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュージカル ミュージカル musical

翻訳|musical

8件 の用語解説(ミュージカルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュージカル
ミュージカル
musical

演劇,音楽,舞踊を有機的に融合し,19世紀後半のアメリカで生れ発展した総合舞台芸術の一形式。ヨーロッパオペレッタやボードビル,バーレスクに加えてアメリカ独特のミンストレル・ショーの要素などを取入れ,1927年『ショー・ボート』の登場によって確立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ミュージカル

歌とせりふと踊りを中心に展開する音楽劇。18世紀の英国のバラッドオペラが源流といわれ、これに欧州のオペレッタなどが刺激となって、19世紀の米国で初期のミュージカルコメディーが生まれ、1920年代に確立。80年代以降は、「キャッツ」「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」などの英国製のミュージカルが一時はブロードウェー・ミュージカルを圧倒する勢いを見せた。日本でも、東宝、劇団四季などがミュージカルの上演で多くの観客を動員。オリジナル作品でも、斎藤憐作「上海バンスキング」(79年)のようなヒット作が生まれた。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミュージカル(musical)

米国で発達した、音楽・舞踊などの総合による演劇形式。19世紀後半にオペレッタなどの形式をもとに生まれ、20世紀前半に大きく発展した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミュージカル

ミュージカル・コメディの略。現代的な音楽劇の一つ。簡単なプロットをもち,歌とせりふ,ダンスによって構成される。オペレッタに似ているが,ミュージカルのほうが庶民的な題材を扱うことが多い。
→関連項目アボットアンドリュースオッフェンバックオペラカワード劇団四季ジャンメールピーター・パンボードビルミンストレル・ショー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

音楽用語ダスの解説

ミュージカル

歌と踊り、ストーリーを楽しむ大衆総合音楽劇、歌劇の総称。アメリカがその発祥で、1920年代に爆発的な人気を博した。現在でも、ブロードウェイがその中心地である。ヨーロッパのオペレッタ、18世紀イギリスのバラッド・オペラあたりが、ミュージカルの源とされる。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミュージカル【musical】

ミュージカル・コメディmusical comedyの略。元来は,たわいのない喜劇的な物語をもっぱら扱っていたが,内容が深刻さを増したり,本格的な演劇性を獲得したりするにつれて,単にミュージカルと呼ばれるようになった。さらに,内容が劇的であるものについては〈ミュージカル・プレー〉〈ミュージカル・ドラマ〉,悲劇的なものについては〈ミュージカル・トラジディ〉,幻想的なものについては〈ミュージカル・ファンタジー〉,寓話的なものについては〈ミュージカル・フェーブル〉などという呼び方が生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミュージカル【musical】

第一次大戦後アメリカで独自の発達をとげた、音楽・舞踊・演劇を巧みに融合させた総合舞台芸術。イギリスのコミック-オペラから発生し、アメリカ的な機知や好みをもつ音楽劇として発達した。
他の外来語の上に付いて、「音楽の」「音楽的な」などの意を表す。 「 --プレー」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュージカル
みゅーじかる
musical

アメリカ大衆演劇の重要な分野を占めるミュージカル・コメディやミュージカル・プレイの略称。また、ミュージカル・プロダクション(音楽的な上演作品)の略語でもある。一般的な訳語は「音楽劇」だが、今日ミュージカルとよばれるものは、演劇、歌曲を主体とし、音楽、舞踊、美術、照明などの総合による大衆演劇形式をさす。音楽が優先するオペラやオペレッタとは反対に、演劇性とその魅力が優先する。しかし、音楽の力も同等に重要視される。
 ミュージカルのタイプはさまざまだが、作品のテーマと内容によって大別すると次の三つになる。
(1)ミュージカル・コメディ コメディ・タイプの作品で、アメリカの大衆にもっとも愛好され、圧倒的多数を占める。『アニーよ銃をとれ』『ハロー・ドーリー!』など。
(2)ミュージカル・プレイ シリアスな題材を現実性十分に扱った作品。『ショー・ボート』『南太平洋』『サウンド・オブ・ミュージック』など。
(3)ミュージカル・トラジディ 悲劇的題材を扱っており、ミュージカル・プレイと区別しにくい作品もある。『ロスト・イン・ザ・スターズ』『ウェスト・サイド物語』など。
 なお、ヨーロッパのオペレッタ形式でつくられた『ローズ・マリー』『学生王子』などもミュージカルとされ、ストーリー性と演劇性をもたず、歌とダンスで構成されているレビュー(『バンド・ワゴン』など)もミュージカルとして扱われる場合がある。
 オペラは台詞(せりふ)を含めて全体が作曲されているが、演劇であるミュージカルは歌わないで語る地の台詞がある。その台詞は状況の説明や感情の高まりを描くときなど歌に移行する。語りの台詞による表現から歌唱という音楽的表現に変わるわけである。現実の世界ではまずありえないことだが、そこにミュージカル独特の空想的な世界ともいうべき次元が生じ、ダンスが加わればその説得力と魅力はさらに大きなものとなる。こうした音楽的な拡大表現がミュージカルの特色とも魅力ともなっている。各場面の歌あるいはダンスをミュージカル・ナンバー、またはダンスのみをダンス・ナンバーとよぶ。[青木 啓]

ミュージカルの誕生

ミュージカルは19世紀にアメリカで生まれた。しかし、その源はヨーロッパの大衆演劇、オペラ、オペレッタ、詩と歌と語りで進行するバラッド・オペラなどで、これらは新大陸アメリカでも輸入上演されてきた。19世紀後半、これらの手法やスタイルを模倣しながら、アメリカの国民性、社会環境、風俗を反映し、アメリカの大衆芸能も取り入れて、アメリカ独自のミュージカルが形成されたのである。
 ミュージカル形成の要素となったアメリカの大衆芸能にミンストレル・ショーともよばれるミンストレルズminstrels、およびボードビルがあった。ミンストレルズは白人芸人が黒人をまねて歌い、踊り、掛合い漫才、寸劇などを演じるショーで、その最初は1827年ごろジョージ・ディクソンGeorge Washington Dixonが黒塗りの顔で歌ったこととみられている。ミンストレルズのグループの草分けは、1843年にニューヨークで人気をよんだ「オリジナル・バージニア・ミンストレルズ」だという。エドウィン・P・クリスティ一座の人気も高く、クリスティはフォスターの歌曲を買い取って流行させたことでも知られている。一方、ボードビルは、フランスで発達した通俗喜劇がイギリスに入り、音楽の要素を強めて新しいスタイルが生まれたことに始まる。南北戦争(1861~65)のあと、ミンストレルズの人気が下降したころ、ボードビルにミンストレルズの要素が加わり、歌、寸劇、ダンス、奇術、漫談などを次々と繰り出すエンターテイメントのスタイルが形成され、ミンストレルズをしのぐ人気を得た。ミンストレルズから派生した大衆芸能といえる。その芸人を総称してボードビリアンとよぶ。アメリカのボードビルの草分けは1871年2月、ケンタッキー州のルイビルで上演されたH・J・サージェント一座による「シカゴから来たサージェントのすばらしいボードビル」という出し物だとされている。アメリカのボードビルは初めのころバラエティ、またはバラエティ・ショーともよばれていた。
 ミュージカルの原形は1728年にロンドンで上演されたバラッド・オペラ『乞食(こじき)オペラ』だとする説がある。だがアメリカのミュージカルの最初の作品は、1866年にニューヨークのブロードウェーで上演された『ブラック・クルック(黒衣の怪盗)』だとするのが定説である。フランスからきたバレエ団を使い、ほとんどを既成曲でまとめ、ミュージカル・エクストラバガンザMusical Extravaganza(音楽笑劇)と銘打って1年4か月続演の大ヒットとなった。その後、次々とくふうをみせた作品が現れ、1885年には、ボードビル界の大物トニー・パスターTony Pastor(1837―1908)が制作し、美人女優リリアン・ラッセルLillian Russell(1861―1922)が主演した『連隊の娘ポリー』が大ヒットになった。
 なお、ミュージカルでもっとも多いタイプのミュージカル・コメディという名称は、1893年イギリスのロンドン上演の『ゲイティ・ガール』にこの名をつけたことに始まっている。[青木 啓]

ミュージカルの発展


1900~20年代
20世紀に入ってミュージカルに対する一般の関心はさらに高まり、優れた作者が相次いで出現した。まず、アイルランドからアメリカに移住した作曲家ビクター・ハーバートVictor Herbert(1859―1924)は『おもちゃの国のベイブス』(1903)で大成功を収め、『ノーティ・マリエッタ』(1910)、『恋人たち』(1913)などもヒットしたが、それらはオペレッタとよぶべき作品だった。アメリカ生まれでボードビル界出身のジョージ・M・コーハンGeorge M. Cohan(1878―1942)は作詞、作曲、俳優、演出、制作で知られる才人だが、彼の『リトル・ジョニー・ジョーンズ』(1904)はニューヨークに住む人々の生活感覚が躍動するヒット作となった。このコーハンの作品こそアメリカのミュージカルとよべる最初の作品と評価された。チェコスロバキアからアメリカに渡った作曲家ルドルフ・フリムルは『ローズ・マリー』(1924)を書き、ハンガリー生まれのシグムンド・ロンバーグは『学生王子』(1924)、『砂漠の歌』(1926)や『ニュー・ムーン』(1928、作詞オスカー・ハマースタイン2世)などの名作を生んだが、これらもオペレッタ系の作品であった。
 しかし、1920年代後半には、アメリカ人の生活感覚を強く打ち出し、ポピュラー音楽やジャズを導入した作品が増加する。ビンセント・ユーマンスVincent Youmans(1898―1946)作曲の『ノー・ノー・ナネット』(1925)はその好例である。そして、ジェローム・カーン作曲の『ショー・ボート』(1927、台本・作詞ハマースタイン2世)は人間生活の現実を鋭く描き、白人と黒人の人種問題に踏み込んだ点でミュージカルに新たな次元を開いた画期的な傑作となった。[青木 啓]
1930年代
1930年代にミュージカル界はいっそう充実した。作詞家アイラと作曲家ジョージのガーシュイン兄弟は名作『ポーギーとベス』を35年に上演。これはアメリカ黒人の生活と愛の物語をオペラ化したもので、黒人の生活と民俗音楽に根ざしているという理由からガーシュインがフォーク・オペラと名づけた異色作である。作詞家ロレンツ・ハートLorenz Hart(1895―1943)と作曲家リチャード・ロジャーズのコンビは『ジャンボ』(1935)、『パル・ジョーイ』(1940)など都会趣味の佳作を書き、作詞と作曲の才人コール・ポーターは『陽気な離婚』(1932)、『エニシング・ゴーズ』(1934)、『ジュビリー』(1935)、『デュバリーは貴婦人』(1939)などに洗練されたセンスとユニークな作風をみせてミュージカルの幅を広げた。レビュー作品(『バンド・ワゴン』など)が多い作詞家ハワード・ディーツHoward Dietz(1896―1983)と作曲家アーサー・シュワルツArthur Schwaltz(1900―84)のコンビ、台本作家ガイ・ボルトンGuy Bolton(1884―1979)、モス・ハートらの活躍も忘れられない。ミュージカルの女王と称されるエセル・マーマンEthel Merman(1908―84)、メアリー・マーチンMary Martin(1913―90)が登場したのも1930年代のことである。[青木 啓]
1940~60年代
第二次世界大戦中の1943年に上演されたロジャーズとハマースタイン2世の『オクラホマ!』は、農家の物語を野外場面で展開するという型破りの試みに成功した。このコンビは『南太平洋』(1949)、『王様と私』(1951)、『サウンド・オブ・ミュージック』(1959)ほかを書き、クルト・ワイル作曲の『ロスト・イン・ザ・スターズ』(1949)やハロルド・アーレンHarold Arlen(1905―86)作曲の『花の家』(1954)などとともにシリアスなミュージカルの魅力を大きなものにしている。大歌曲作家アービング・バーリンは『アニーよ銃をとれ』(1946)でミュージカルでの実力を示した。
 1950年代では『マイ・フェア・レディ』(1956)、現代感覚と人種問題を正面に出した『ウェスト・サイド物語』(1957)が光っている。1960年代の作品では、懐古趣味的な『ハロー・ドーリー!』(1964、作詞・作曲ジェリー・ハーマン)、ユダヤ民族の哀歓を描いた『屋根の上のバイオリン弾き』(1964)、『ラ・マンチャの男』(1965、台本デール・ワッサーマン、作詞ジョー・ダリオン、作曲ミッチ・リー)、ベトナム戦争を反映した若者の新しい意識をロック音楽で表現する『ヘアー!』(1967、台本・作詞ジェローム・ラニとジェームス・ラド、作曲ギャルト・マクダーモット)がとくに注目された。[青木 啓]
1970~80年代
1970年以降は、さまざまなタイプと手法による融合的作品が多い。とくに、ミュージカル・スターを目ざす若者の生活と内面をオーディションの形で描いた『コーラスライン』(1975、台本ジェームズ・カークウッドとニコラス・ダンテ、作詞エドワード・クレバン、作曲マービン・ハムリッシュ、原案・演出・振付けマイケル・ベネット)は1975年の初演から90年の最終公演までに6137回ものロングラン(長期連続興行)を果たし、後に『キャッツ』(1981、作詞T・S・エリオット)にその記録を抜かれるまで、ブロードウェーにおける連続公演の最多記録を誇っていた。そのほか、黒人ミュージカル『パーリー!』(1970)、『ウィズ』(1975)、『ドリームガールズ』(1981)、ロックン・ロールによる青春物語『グリーズ』(1972)などがミュージカルに新風を吹き込んだ。
 イギリスの作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーAndrew Lloyd Webber(1948― )の『ジーザス・クライスト・スーパースター』(1970)、『エビータ』(1978、作詞はともにティム・ライス)、『キャッツ』(1981)、『スターライト・エクスプレス』(1984)、『オペラ座の怪人』(1986)はブロードウェーでも大成功を収めた。とくに『キャッツ』は、1997年6月に『コーラスライン』の連続上演記録を抜き、ブロードウェーにおける最長のロングラン上演記録を達成した。ロイド・ウェバーはその後も力作『アスペクツ・オブ・ラブ』(1989)、『サンセット大通り』(1993)などを発表している。
 ビクトル・ユゴーの名作小説による1985年ロンドン初演の『レ・ミゼラブル』(作詞アラン・ブーブリル、作曲クロード・ミシェル・シェーンベルク)は、87年からブロードウェーでも大ヒットした。ベトナム戦争末期のサイゴンを舞台にアメリカ軍兵士とベトナム人娼婦の悲恋を描いた、89年ロンドン初演の『ミス・サイゴン』(作詞A・ブーブリルとリチャード・マルトビー・ジュニア、作曲C・M・シェーンベルク)も、91年からブロードウェーで上演されて大きな話題となった。
 一方、『ウェスト・サイド物語』の作詞で最初の成功を収めた作詞・作曲家スティーブン・ソンドハイムStephen Sondheim(1930― )は、みごとな構成、知性と深い情感の光る『日曜日に公園でジョージと』(1984、ピュリッツァー賞受賞)、『イントゥ・ザ・ウッズ』(1987)などで名声を高めた。[青木 啓]
1990年代以降
1990年代に入って、映画会社のウォルト・ディズニーがブロードウェー・ミュージカルに進出し、アニメ映画のミュージカル化作品『美女と野獣』(1994、作詞ハワード・アシュマンとティム・ライス、作曲アラン・メンケン)、『ライオン・キング』(1997、作詞ティム・ライス、作曲エルトン・ジョン)が大ヒットとなった。1995年、ヘンリー・マンシーニ作曲の『ビクター・ビクトリア』(作詞レスリー・ブリッカス)の上演では、『サウンド・オブ・ミュージック』の主演で知られる往年のミュージカル・スター、ジュリー・アンドリュースJulie Andrews(1935― )が35年ぶりにブロードウェーに復帰して話題をよんだ。アンドリュースは、アメリカ演劇・ミュージカル最高の栄誉であるトニー賞の主演女優賞に選ばれたが、受賞を辞退して人々を驚かせた。
 プッチーニのオペラ『ボエーム』の現代版ロック・ミュージカル『レント』(1996、台本・作詞・作曲ジョナサン・ラーソン)は、若者たちの友情、恋、苦悩、エイズ問題などを描いて人々を感動させた。このほかに異色の話題作として、沈没した豪華客船の悲劇を描いた『タイタニック』(1997、作詞・作曲モーリー・イェストン)、20世紀初めのアメリカの世相を描写した『ラグタイム』(1998、作詞リン・アーレンズ、作曲スティーブン・フラハティ)などがあげられる。また、名振付け師ボブ・フォッシーBob Fosse(1927―87)の傑作ダンス場面をまとめて再現した『フォッシー』(1999)は、時代を超えた彼の魅力を示してヒットとなる。コメディ映画監督メル・ブルックスMel Brooks(1926― )が制作・脚本・音楽を手がけた舞台『プロデューサーズ』(2000)は大当たりし、2001年度トニー賞の作品、演出、脚本、振付け、主演男優、助演男・女優、作・編曲、美術、照明、衣装の計12部門、主演女優賞以外のすべてを受賞という大記録を樹立している。[青木 啓]

日本のミュージカル


(れいめい)期">黎明(れいめい)
日本のミュージカルの歴史は、同じ音楽劇であるオペラ、オペレッタの草創期の諸運動、なかでも1917年(大正6)に伊庭孝(いばたかし)、佐々紅華(さっさこうか)(1886―1961)がおこした浅草オペラの創作作品に始まる。「コロッケの唄(うた)」で知られる佐々の作品『カフェーの夜』には「ミュージカル・プレー」と銘記されていて、「日本ミュージカル事始め」といってよい。そのルーツは益田太郎冠者(ますだたろうかじゃ)の音楽喜劇だが、これは宝塚歌劇にも大きな影響を与え、『モン・パリ』や『パリゼット』にもミュージカルの萌芽(ほうが)をみることができる。浅草オペラは関東大震災(1923)で壊滅するが、榎本健一(えのもとけんいち)(通称エノケン)や古川緑波(ろっぱ)(通称ロッパ)らによって演じられた大衆演劇のなかに形を変えて受け継がれた。日中戦争を経て太平洋戦争に突入するとジャズなどの敵性音楽は禁止され、ミュージカルは空白期に入るが、このはざまの41年(昭和16)に宝塚歌劇団の白井鉄造(てつぞう)が「東宝国民劇」の名称のもとに作・演出した『エノケン竜宮へ行く』と『木蘭(もくらん)従軍』はもっともミュージカルらしい作品で、戦後の「帝劇ミュージカルス」の先駆けとなった。[寺崎裕則]
第二次世界大戦後
第二次世界大戦後「ミュージカル」の名を冠して上演された最初の作品は、1950年(昭和25)6月、丸の内ピカデリー実験劇場の『ファニー』(パニョルの戯曲に基づく翻案ミュージカルで、服部正(はっとりただし)音楽、中原淳一(なかはらじゅんいち)台本・演出)であった。しかし、ミュージカルとは銘打たなかったが、終戦直後の46年からは日本劇場をはじめとする大劇場で、歌えるスターを中心にした歌入り芝居が次々に上演されて人気をよんだ。そのなかには、笠置(かさぎ)シヅ子主演、服部良一(りょういち)編曲の『ジャズ・カルメン』などがある。東京宝塚劇場をアメリカ軍に接収されて本拠を失っていた宝塚歌劇は、50年から帝国劇場を常打ち小屋にレビュー公演を再開したが、その合間を縫って帝劇社長秦(はた)豊吉がプロデュースして「帝劇ミュージカルス」が始まった。第1回は51年2~3月公演の『モルガンお雪』(山内匡二・松本四郎音楽、水守三郎・東信一台本)で、越路吹雪(こしじふぶき)と古川緑波が主演した。以後、帝劇が映画館に転向する54年までに『マダム貞奴(さだやっこ)』(山内匡二・松本四郎音楽、菊田一夫(きくたかずお)台本)、『お軽と勘平』(服部良一・松井八郎音楽、菊田一夫台本)、『天勝(てんかつ)と天一(てんいち)』(服部良一・平岡照章音楽、東宝文芸部台本)などが上演された。
 1955年春、東京宝塚劇場の接収が解除されると、東宝は演劇部を強化、担当重役に浅草「笑(わらい)の王国」以来の大衆演劇のヒットメーカー菊田一夫を起用した。菊田は56年2月の『恋すれど恋すれど物語』(古関裕而(ゆうじ)音楽)を第1回に「東宝ミュージカル」と名のる大衆演劇を8年間に20作上演、興行的にはほとんど成功したが、喜劇人中心の歌入り芝居で、当時発展を続けていたアメリカのミュージカルからはほど遠いものであった。だが、歌えて踊れて芝居ができる役者づくり、スタッフの育成などの点で、後の翻訳ミュージカル上演の土台づくりになったことは見逃せない。[寺崎裕則]
翻訳ミュージカル
日本のミュージカルが興行的に定着するのは海外ヒット作の輸入上演においてであり、その第一作は1963年9月、東京宝塚劇場で菊田一夫がプロデュースしたブロードウェー・ミュージカル『マイ・フェア・レディ』であった。この翻訳ミュージカルの成功が、第二次世界大戦後、日本ミュージカルの新たな出発点となり、アメリカからのミュージカル映画が続々と封切られ、本格的なミュージカルの上演も行われた。なかでも映画『ウェスト・サイド物語』の公開(1962)、1964年の日生劇場開場1周年記念で来日した本場の『ウェスト・サイド物語』の舞台に日本の演劇界、音楽界は強烈なカルチャー・ショックを受けると同時に、ミュージカル・ファンが激増し、以後日本のミュージカルは急成長を遂げる。
 東宝ミュージカルは、1965年(昭和40)にオスカー・ハマースタイン2世とリチャード・ロジャーズのコンビによる『サウンド・オブ・ミュージック』と『王様と私』、翌66年に『南太平洋』を上演、67年、小劇場のための『ファンタスティックス』(台本トム・ジョーンズ、音楽ハーベイ・シュミット)と『屋根の上のバイオリン弾き』の名作を立て続けに翻訳上演した。69年には6世市川染五郎(81年から9世松本幸四郎)主演の『ラ・マンチャの男』、75年再演の森繁久弥主演『屋根の上のバイオリン弾き』をロングランさせ、東宝は商業演劇のスター・システム(人気俳優=スターを中心にした興行システム)でミュージカルの雄となった。
 演出家の浅利慶太(1933― )が主宰する劇団四季は、当初ジロドゥーやアヌイといったフランス現代劇を旗印にしていたが、「ニッセイ名作劇場」(1964)の子供のためのミュージカルがきっかけとなり、1973年(昭和48)アンドリュー・ロイド・ウェバー音楽、トニー・ライス作詞による『ジーザス・クライスト・スーパースター』で一躍脚光を浴びた。翌74年『ウェスト・サイド物語』、79年『コーラス・ライン』と、スター・システムならぬ新劇ならではのアンサンブル・ミュージカルで次々とヒットをとばした。アンサンブルとは、人気俳優(スター)を中心にせず、出演者全員が一体となって稽古(けいこ)を長く積み、一つの作品を創りあげることをいう。以後、『エビータ』(1982)に続き、『キャッツ』(1983)を、自らつくった新宿の仮設テント劇場で大ヒットさせ、88年に同じロイド・ウェバー音楽・台本の『オペラ座の怪人』でまさに一方の雄となった。そして1992年(平成4)、大阪でもキャッツシアターをつくり、15か月間ロングランさせ、いまや日本のミュージカル界の最大手になっている。同時に、東宝ミュージカル、劇団四季をはじめ松竹、宝塚歌劇団の商業演劇、ホリプロなどで上演される翻訳ミュージカルは、米英のミュージカルの歩みにほんの少し遅れるだけで足並みをそろえるようになり、東京は世界一の買い手市場となった。[寺崎裕則]
戦後創作ミュージカルの系譜
商業演劇路線ではまだ慎重だった創作ミュージカルの分野に大胆に挑んだのは、大阪労音を中心とする全国の労音組織で、安定した動員力を基盤に採算を図り、1958年(昭和33)から66年にかけて活発な運動を展開した。『あなたのためにうたうジョニー』(1958、飯田三郎音楽、藤田敏雄台本)に始まり、『可愛(かわい)い女』(1959、黛(まゆずみ)敏郎音楽、安部公房台本)、『見上げてごらん夜の星を』(1960、いずみたく音楽、永六輔台本)、『泥の中のルビー』(1960、いずみたく音楽、八木格一郎台本)などが発表された。この初期の労音ミュージカルに欠かせなかった作曲家がいずみたくで、『死神』(1952、藤田敏雄台本)、『夜明けのうた』(1965、松木ひろし台本)、『俺(おれ)たちは天使じゃない』(1974、藤田敏雄台本)、『洪水の前』(1980、藤田敏雄台本)などの創作ミュージカル活動で知られ、のちには自主制作で公演を続けた。
 しかし、第二次世界大戦後の日本のミュージカル初期における創作ミュージカルをみてゆくと、もっとも数多く創作ミュージカルをつくり出しているのは宝塚歌劇団である。かつては白井鉄造、高木史郎といった作・演出家は、ミュージカルの元祖オペレッタをフランス、ドイツ、オーストリアといったヨーロッパの音楽から借り、あるいは模して「歌劇」を創作してきたが、両巨匠が没すると急速にミュージカルに傾き、『オクラホマ!』『ウェスト・サイド物語』『回転木馬』(以上、音楽リチャード・ロジャーズ)、『ブリガドーン』(音楽フレデリック・ロウ)、『ガイズ・アンド・ドールズ』(音楽フランク・レッサー)、『ミー・アンド・マイガール』(音楽ノエル・ゲイ)、『キス・ミー・ケイト』(音楽コール・ポーター)、『グランド・ホテル』(音楽ロバート・ライト)など、一連のアメリカ・ミュージカルを翻訳上演しながらその手法を吸収し、ほとんど2か月に一度のペースで、宝塚の座付き作曲家と作・演出家がオリジナル・ミュージカルを創作し続けている。第二次世界大戦後最大のヒット作の一つは、漫画家池田理代子(りよこ)(1947― )の作品をミュージカル化した寺田瀧雄(たきお)音楽ほか、植田紳爾(しんじ)台本の『ベルサイユのばら』(1974)であり、名作として何度も再演されている。また、ウィーン発のミュージカル『エリザベート』(台本ミヒャエル・クンツェ、音楽シルベスター・リーバイ)を、1996年(平成8)に日本初演したのも特筆すべきことである。
 他方、前述の労音ミュージカルに刺激されてか、戦後の新劇でも、文学座は服部正音楽、飯沢匡(ただす)台本『楊貴妃(ようきひ)』(1957)、武満徹音楽、矢代静一台本『国性爺(こくせんや)』(1958)、青年座は平井澄子音楽、田中千禾夫(ちかお)台本『八段』(1960)などを上演した。俳優座系のスタジオ劇団合同公演として上演された、林光音楽、福田善之(よしゆき)台本、千田是也(これや)演出の『真田風雲録』(1962)は大きな話題となったが、創作ミュージカルは劇団四季以外は青年座を除いてしだいに下火となり、その後は木山潔(きよし)(1942― )代表の木山事務所が、福田善之作『壁の中の妖精』『私の下町』などを上演している。
 だが、1970年代終わりになると、オンシアター自由劇場が越部信義音楽、斎藤憐(れん)台本で『上海バンスキング』(1979)を上演して好評を博し、80年代には音楽座と劇団ふるさときゃらばんの二つのミュージカル集団が誕生した。音楽座は上田聖子、筒井広志、小室哲哉(てつや)、船山基紀(もとき)らの音楽で、座付き作家兼演出家である横山由和(よしかず)(1953― )による『ヴェローナ物語』(1978)、『シャボン玉とんだ宇宙(そら)までとんだ』(1988)、『とってもゴースト』(1989)、『マドモアゼル・モーツァルト』(1991)、『アイ・ラブ・坊ちゃん』(1993)などを次々に上演。劇団ふるさときゃらばんは「日本の風土、日本の暮らしに根ざした日本人のための大衆的なミュージカル」を目ざし、農村を舞台にした「カントリー・ミュージカル」と会社を舞台にした「サラリーマン・ミュージカル」を展開している。音楽の寺本建雄(たてお)(1946― )、作・演出の石塚克彦(1937― )を中心に『親父と嫁さん』(1983)、『兄(あ)んちゃん』(1985)、『ザ・結婚』(1986)、『ムラは3・3・7拍子』(1988)などコミカルかつエネルギッシュな作品を創作、居酒屋付仮設劇場などの試みで大衆動員し、ユニークな活動を続けていて、ミュージカルが日本の土壌に着実に根を下ろし、芽吹き、花を咲かせつつあることは間違いない。[寺崎裕則]
現状と課題
日本のミュージカルの現状をみるとき、ヨーロッパではミュージカルがオペラやオペレッタと同じ音楽劇であるのに対し、日本では米英と同じ演劇のジャンルにあって、米英と違うところは、作曲においても歌においても音楽面がまだまだ弱い点である。「歌って踊って芝居ができて」がミュージカル草創期の合いことばだったが、踊りは急速に上達しているものの、役者の歌唱力は弱く、クラシックの歌手は声はよくても芝居や踊りに弱く、そのうえ歌う日本語がよく伝わらない。その音楽の弱さゆえに、日本ではミュージカルが欧米のように「大人が楽しむ音楽劇」にはならず、若者が中心で、顧客の幅が狭いのは残念である。その原因の一つは、ミュージカルの元祖であるオペレッタの王国を経ず、オペレッタに近い初期アメリカ・ミュージカルをも一足飛びして、いきなり1950年代以降のアメリカ・ミュージカルを上演してしまったからである。
 ミュージカルは本来、オペラ、オペレッタと同様に「音楽で人間の本当の姿を描くドラマ」なのである。それにはクラシックの歌・芝居・踊りの三拍子そろった歌役者が必要で、しかも魅力あふれるエンターテイナーでなければならない。その養成が急務であることのほか、米英と同様、美しいメロディを生める作曲家が強く求められている。「ミュージカルはブロードウェー」の決まり文句が揺らぎ、ミュージカルの中心がロンドンのウェスト・エンドに移ったのは1980年代以降である。その原因は、美しいメロディの喪失にあり、結果、リズム中心となって飽きられ、『キャッツ』などの美しいメロディを生んだロイド・ウェバーの出現でミュージカルの振り子はウェスト・エンドに大きく振れた。だが、そのロイド・ウェバーでさえメロディを喪失し、次世代が現れないため、日本を含めた世界のミュージカルは大きな壁にぶつかってしまったのである。そこに21世紀のミュージカルの問題と未来がかかっている。[寺崎裕則]
『●アメリカ・イギリス ▽大平和登著『ブロードウェイ』(1980・作品社) ▽浅井英雄著『ミュージカル入門』(1982・荒地出版社) ▽芝邦夫編『ブロードウェイ・ミュージカル事典』(1984・劇書房) ▽小藤田千栄子著『ミュージカル・コレクション』(1986・講談社) ▽石川敏雄・寺崎裕則著『現代英国演劇』(1986・朝日出版社) ▽柳生すみまろ著『ミュージカル映画 フィルム・アートシアター』(1988・芳賀書店) ▽A・J・ラーナー著、千葉文夫・星優子・梅本淳子訳『ミュージカル物語――オッフェンバックから「キャッツ」まで』(1990・筑摩書房) ▽宮本哲著『ミュージカルへの招待』(1995・丸善) ▽石原隆司・松崎巌著『まるごと1冊ミュージカル』(1998・音楽之友社) ▽音楽之友社編・刊『ミュージカル完全ガイド』(2000) ▽萩野瞳著『ミュージカルに連れてって!』(2000・青弓社) ▽扇田昭彦著『ミュージカルの時代――魅惑の舞台を解き明かす』(2000・キネマ旬報社)』
『●日本 ▽清島利典著『日本ミュージカル事始め』(1982・刊行社) ▽テアトロ編・刊『新劇便覧 1984』(1983) ▽雑喉潤著『浅草六区はいつもモダンだった』(1984・朝日新聞社) ▽扇田昭彦著『ビバ!ミュージカル!』(1994・朝日新聞社) ▽安部寧著『VIVA!劇団四季ミュージカル』(2000・日之出出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミュージカルの言及

【ウェスト・サイド物語】より

…ミュージカルの歴史を変えた画期的なアメリカ映画。1961年製作。…

【ポピュラー音楽】より


[アメリカのポピュラー音楽]
 アメリカがポピュラー音楽の一つの中心地であることは広く認められているとおりだが,この国はかつて南部に多数の黒人奴隷を抱えていた特殊事情により,先進国型と植民地型の両方のポピュラー音楽をもつこととなる。前者は,ニューヨークの音楽業界が資本主義的生産様式に従って作り出すポピュラー・ソングとブロードウェー・ミュージカル(ミュージカル),つまりアメリカでよく使われる言葉でいえば〈メーンストリーム(主流)〉音楽であり,後者は,ローカルなセミプロ的ミュージシャンが民族的基盤から生み出したブルース,ラグタイム,ジャズ,リズム・アンド・ブルース,ロックンロールなどである。上記の2種は,白人系音楽と黒人系音楽にそれぞれ当てはまるものではない。…

【ロングラン・システム】より

…このような興行方式は,劇団組織が主体となって,各シーズンに数種の演目を交互に上演するレパートリー・システムとは対照的である。もともと舞台装置や舞台衣裳に膨大な経費を要し,また高額な宣伝費をかけなければ成功を期待できないミュージカルの制作者が,投資額の回収のために採用した方式であり,したがって,興行を1人のプロデューサー,あるいはその共同体であるプロダクションが主催するいわゆるプロデューサー・システムと切り離しては,ロングラン・システムの成立は考えられない。ミュージカルの長期公演記録としては,《マイ・フェア・レディ》の2717回がある。…

※「ミュージカル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミュージカルの関連キーワード歌劇科白劇セリフモンポウ:歌と踊り 第1番/piano soloモンポウ:歌と踊り 第3番/piano soloモンポウ:歌と踊り 第5番/piano soloモンポウ:歌と踊り 第6番/piano soloモンポウ:歌と踊り 第8番/piano soloモンポウ:歌と踊り 第10番/piano soloモンポウ:歌と踊り 第12番/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミュージカルの関連情報