ジェームス・R. ミッチェル(英語表記)James R. Mitchell

20世紀西洋人名事典の解説

ジェームス・R. ミッチェル
James R. Mitchell


1940.4.13 -
演奏家
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。
ハイ・スクール時代アーチー・シェップやリー・モーガンと出会い、19歳の時、レッド・プライソックとツアーに出る。その後、理論をジャッキー・バイアードやジョージ・ラッセルに師事し、ボストンやフィラデルフィアで音楽教育に専念する。アル・グレイやベティ・カーター、バイアード・ランカスターらと共演し、自らJ.R.ミッチェル・ユニバーサル・アンサンブルを率いる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android