コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーガン モーガンMorgan, Charles

22件 の用語解説(モーガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーガン
モーガン
Morgan, Charles

[生]1894.1.22. ケントブロムリー
[没]1958.2.6. ロンドン
イギリスの小説家,評論家,劇作家。国際ペンクラブの会長 (1953~58) 。オックスフォード大学に学ぶ。海軍に入り第1次世界大戦に従軍,その体験に基づく小説『泉』 The Fountain (32) や『スパーケンブルック』 Sparkenbrooke (36) ,『航海』 The Voyage (40) などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーガン
モーガン
Morgan, Conwy Lloyd

[生]1852.2.6. ロンドン
[没]1936.3.6. サセックスヘースティングズ
イギリスの動物学者,比較心理学者。ブリストル大学教授。動物行動を研究するにあたり,擬人観に基づく逸話的な方法を排すべきであると主張し,モーガンの公準を提唱。主著『比較心理学序説』 Introduction to Comparative Psychology (1894) ,『動物行動』 Animal Behavior (1900) ,『創発的進化』 Emergent Evolution (23) ,『動物の心』 The Animal Mind (30) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーガン
モーガン
Morgan, Daniel

[生]1736. ニュージャージーハンタードン
[没]1802.7.6. バージニアウィンチェスター
アメリカ独立革命期の軍人。 1775年バージニア・ライフル連隊の大尉となり,B.アーノルドに従ってカナダ遠征に参加。 76年末ケベック襲撃に際しイギリス軍の捕虜となったが脱走。 77年 H.ゲーツ将軍のもとでサラトガの戦いに参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーガン
モーガン
Morgan, John

[生]1735.6.10. フィラデルフィア
[没]1789.10.15. フィラデルフィア
アメリカの医師。 1757年フィラデルフィア・カレッジ (現ペンシルバニア大学) を卒業,フレンチ・アンド・インディアン戦争ではイギリス植民地軍の軍医として従軍,復員後再び学問を志し,エディンバラ,パリ,イタリアに学び,この間 63年にエディンバラ大学で学位を取得,65年に帰国してフィラデルフィア・カレッジに最初の医学校を建設し,そこで北アメリカ最初の医学教授に任命された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーガン
モーガン
Morgan, John Hunt

[生]1825.6.1. アラバマハンツビル
[没]1864.9.4. テネシー,グリーンビル
アメリカの軍人。南北戦争の勃発とともに南軍の騎兵隊長となり,北軍の背後に侵入し,インディアナオハイオゲリラ戦を展開。 1863年7月北軍の捕虜となったが脱走。 64年再度北部へ侵攻し,のちテネシーで北軍部隊と交戦して戦死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーガン
モーガン
Morgan, Lewis Henry

[生]1818.11.21. ニューヨークオーロラ
[没]1881.12.17. ニューヨーク,ロチェスター
アメリカの法律家,民族学者。ユニオン・カレッジを卒業し,1844年頃からニューヨーク州ロチェスターで弁護士として活躍。抑圧されていたアメリカインディアン土地問題解決に尽力し,46年セネカ族に「養子」として受入れられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーガン
モーガン
Morgan, Maurice

[生]1726. ロンドン
[没]1802.3.28. ロンドン
イギリスの外交官,著述家。アメリカ植民地問題の権威で,1782年の独立戦争講和会議には大使秘書として活躍。『サー・ジョン・フォールスタッフの性格についての試論』 Essay on the Dramatic Character of Sir John Falstaff (1777) はフォールスタッフ弁護論としてシェークスピア批評史において重要な地位を占めるもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーガン
モーガン
Morgan, Thomas Hunt

[生]1866.9.25. ケンタッキーレキシントン
[没]1945.12.4. ロサンゼルスパサディナ
アメリカの遺伝学者,発生学者。ケンタッキー州立大学卒業 (1886) 。 1890年ジョンズ・ホプキンズ大学より学位取得後,ブリンマー・カレッジ教授となり,ここで同僚の J.レープから影響を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モーガン
モーガン
Morgan, William G.

[生]1870.1.23. ニューヨーク,ロックポート
[没]1942.12.27. ニューヨーク,ロックポート
バレーボールの考案者。マサチューセッツ州ホールヨーク市でYMCAの体育指導をしていた 1895年,老若男女が手軽に楽しめる室内スポーツとして,テニスハンドボールからヒントを得てバレーボールを創案した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モーガン(John Pierpont Morgan)

モルガン

モーガン(Lewis Henry Morgan)

モルガン

モーガン(Thomas Hunt Morgan)

モルガン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モーガン

米国の人類学者。法律家であったがイロコイ諸族の土地係争問題を機に,アメリカ・インディアンの社会生活に興味をもつ。タイラーと並んで進化論的人類学を体系化。社会進化の段階を図式化し,それをアメリカ・インディアンの調査によって基礎づけた。
→関連項目ウェスターマーク原始共産制集団婚文化人類学母権制

モーガン

英国の海賊。幼年期にブリストルで誘拐され,西インドバルバドス島に売りとばされて,カリブ海を舞台とする海賊の一味に加わったとされる。西インドや中央アメリカでしばしばスペイン領を襲撃。

モーガン

米国の遺伝学者,発生学者。ケンタッキー,ジョンズ・ホプキンズ両大学に学ぶ。コロンビア大学教授等を経て,カリフォルニア工科大学生物学部長。ショウジョウバエを材料とした遺伝学を確立。
→関連項目遺伝マラー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モーガン【Charles Morgan】

1894‐1958
イギリスの小説家。13歳で海軍兵学校に入り,第1次大戦中はベルギーで捕虜となる。戦後オックスフォード大学を卒業,タイムズに入社して劇評を担当した。妻ヒルダボーンHilda Vaughanも小説家として著名である。若い海軍士官の行動の率直な描写が目だつ《士官次室》(1919)にもこの戦争の捕虜経験が描かれるが,小説《泉》(1932)は大陸で戦うイギリス兵士の内面的苦悩を描いた傑作である。また次作《スパーケンブルック卿》(1936)はイタリアとイギリスの田園を背景にした恋物語であるが,これらは繊細で凝った文体で書かれ,とくにフランスで評判が高かった。

モーガン【Henry Morgan】

1635?‐88
イギリスの海賊。ウェールズの生れ。はじめ誘拐されて西インド諸島のバルバドス島に売り飛ばされたともいわれる。カリブ海で海賊稼業に従事するうち,仲間は彼を〈提督〉と呼んで頭首に選んだ。スペイン軍のジャマイカ侵攻が伝えられるなかで,同地のイギリス総督は彼にアメリカ本土のスペイン領襲撃を委嘱,よって一統は1668年ポルト・ベロ(現,パナマ領)を攻撃,完全に町を略奪した。奪ったレアル貨は25万枚に上ったといわれる。

モーガン【John Pierpont Morgan】

1837‐1913
アメリカの金融資本家。モーガン(モルガン)財閥の祖。コネティカット州ハートフォードに生まれ,ドイツゲッティンゲン大学で学んだ。1857年にニューヨークのダンカン・シャーマン商会に入社して,金融界への第一歩を踏み出した。その後いくつかの会社に勤めたのち,71年にフィラデルフィアの銀行家とドレクセルモーガン商会を設立,95年にはJ.P.モーガン商会J.P.Morgan & Co.に改組した。

モーガン【Lewis Henry Morgan】

1818‐81
アメリカの人類学者。ニューヨーク州生れ。彼がニューヨーク州のイロコイ族との生活の中から著した《イロコイ連合》(1851)は非ヨーロッパ人に関する初めての完全な民族誌として評価されている。また《人類の血族と姻族の諸体系Systems of Consanguinity and Affinity of the Human Family》(1871)は人類学調査におけるテーマとしての親族組織の重要性を明らかにし,とくに親族用語を記述的用語と分類的用語に分けて考察することの必要性を指摘した。

モーガン【Thomas Hunt Morgan】

1866‐1945
アメリカの遺伝学者。レキシントンの生れ。1886年ケンタッキー州立大学卒,ジョンズ・ホプキンズ大学へ進み,90年学位取得。1904‐28年コロンビア大学教授,28‐45年カリフォルニア工科大学教授。はじめ発生学を研究するが,1900年メンデルの論文の再発見とともに遺伝学に関心を示すようになり,ネズミを用いた実験を行い,メンデル説を検討する。しかし,明確なものが得られず批判的になる。07年ごろからキャッスルW.E.Castle(1867‐1962)のすすめでショウジョウバエを材料にして遺伝研究を開始する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モーガン【Morgan】

〔Conwy Lloyd M.〕 (1852~1936) イギリスの動物心理学者。動物の行動を説明するにあたり、従来の擬人的類推を排すため「より低次の心的能力の結果として解釈できる行動を、より高次の心的能力の結果として解釈してはならない」というモーガンの公準を提唱。比較心理学の基礎を確立。
〔Lewis Henry M.〕 (1818~1881) アメリカの人類学者。ネーティブ-アメリカンの親族名称体系を調査。社会を進化論的に体系づけた学説はエンゲルスなどに影響を与えた。著「古代社会」
〔Thomas Hunt M.〕 (1866~1945) アメリカの遺伝学者。発生学から出発し、キイロショウジョウバエを使って遺伝の細胞学的研究を行い、染色体地図を作成。メンデルの遺伝因子が染色体上に線状に配列しているとする遺伝子説を提唱。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のモーガンの言及

【モルガン財閥】より

…アメリカの金融財閥として,しばしばヨーロッパのロスチャイルド家と並び称される。モーガン財閥ともいう。財閥の宗主J.P.モーガンおよび彼の組織したモーガン(モルガン)商会J.P.Morgan & Co.は,アメリカ資本主義の発展の歴史と密接に関係し,強大な影響力を与えてきた。…

【家族】より

… 19世紀末から20世紀にかけてのこの時期は,同時に生物学的進化論が隆盛をきわめた時代でもあり,家族論はこの影響を濃厚に受けて,家族の諸類型を進化論的系列に並べて理解しようとする試みが多く現れた。その典型がL.H.モーガンで,彼は《古代社会》(1877)において,婚姻形態を原始乱婚制からもっとも進化した一夫一婦制に至る数段階に配列し,家族形態もそれに対応させた。この仮説の基礎になっている親族名称の分析は,人類学史上画期的なものとされ,さらにエンゲルスの《家族,私有財産および国家の起源》(1884)にそのまま踏襲されて大きな影響力を振るった。…

【原始共産制】より

…しかし種族は,ヨーロッパ人の記憶にまだ新しくかつ旧約聖書に知られた家族形態すなわち家父長制家族の拡大したものと考えられ,したがってこの原始的共産制は,婦人・子どもの家父への隷属,および奴隷制をともなうものと考えられた(エンゲルス《反デューリング論》1878)。L.H.モーガンの《古代社会》(1877)は,血縁にもとづく自然的共同体(氏族,部族)こそ本源的な人間の社会的結合であり,夫婦という非血縁関係を中核とする家族は,第2次的な関係で,しかも本来の血縁共同体に対立し,その解体にともなって成長してくる新しい関係であること,血縁共同体は本来は母系制であることを示した。これによれば原始共産制は婦人の隷属も奴隷制も知らない真の平等社会ということになる(エンゲルス《家族,私有財産および国家の起源》1884)。…

【古代社会】より

…アメリカ文化人類学の先駆者ともいうべきL.H.モーガンの主著(1877)。社会進化論の代表的著作で,あらゆる人類社会は進化の速度はちがっても画一的な段階を通過するという一線進化論の立場から書かれた。…

【氏族制度】より

…しかるにこの方法を進めていくと,これまで氏族の名でよばれてきた組織は,けっして首尾一貫した単一な原理によって形成された固定的なものではなく,むしろその構造原理において,いくつかのカテゴリーに類別しうる多様な組織の総称であり,かつこれらのカテゴリー相互の間には,容易に一方から他方に変化しうる流動性の存することが見いだされるのである。
【研究史と問題の所在】
 人類史における氏族制度の意義をはじめて体系的に明らかにしたのは,L.H.モーガンの《古代社会》(1877)である。モーガンは多年にわたり,みずから北アメリカ東部のイロコイ諸族の中に入って調査にあたったが,ここに発見した母系の氏族制度がイロコイ諸族の社会に占める大きな役割に対してひじょうな興味をおぼえ,この種の形態を,文明のはるか以前,人類進化の初期に生まれた原始的な氏族制度の典型と考えた。…

【親族名称】より

…これに対して自己の親族関係者への呼びかけadressに用いられる語彙は親族呼称という。親族名称を初めて体系的に研究し,婚姻,技術,経済,政治制度などと関連づけて,壮大な人類文化史の再構成を試みたのはL.H.モーガンである。《人類家族の血縁と婚姻の諸体系》(1871)のなかでモーガンは親族名称を類別的親族名称classificatory kinship term(いくつかの親族的範疇が一つの名称でくくられた形式)と記述的親族名称descriptive kinship term(個々の親族的範疇がそれぞれ固有の名称で指示される形式)に区別し,前者にマレー型親族名称とトラニア・ガノワニア型親族名称を,後者にアーリア・セム型親族名称を分類した。…

【妻訪い】より

…日本古代の婚姻は妻訪婚と考えられているが,この妻訪いが終生のものか一時的なものか議論がわかれる。このような議論は,よばいを乱婚や集団婚の論拠とするのと同様に,古典的なアメリカのL.H.モーガン(1818‐81)の人類社会の単系的進化学説(現在では支持されていない)の影響のもとに,原始日本に母系制の存在を考えようとする試みと思われる。婚姻【植松 明石】。…

【未開社会】より

…事実,世界に分布する諸社会の未開性がもっとも問題にされ,関心をもたれたのは,19世紀後半の進化,発展主義の思潮のなかで形成された人類学の初期段階においてであった。人類学の祖と目されるL.H.モーガンE.B.タイラーは研究対象の未開社会を体系的に扱った人々の代表であるが,両者の学説の中では,人類社会はより高度の完成へ向かう一系的な進化の過程をたどると仮定され,未開社会は,西欧文明社会を頂点とした発展過程の諸段階を,なんらかの理由で残存,保持してきたと想定された。したがって,未開社会の様態の研究は人類史の諸段階を復元するためのものであり,発展を野蛮,未開,文明の3段階で捉えようとしたモーガンは,現存する社会の未開状態を低度の発展段階にとどまった人類の遺物とみなしたのであった。…

【遺伝学】より

…ここに細胞遺伝学とよぶ細胞学と結合した遺伝学の新分野が生まれた。1910年代に入って,T.H.モーガンらはキイロショウジョウバエを用いて,遺伝子と染色体部分の直接的な結びつきを証明し,遺伝に染色体という物質的な基礎を与えた。現在,この分野では種々の遺伝学的現象を細胞学的現象に関連・対応づけるため,核や細胞小器官(オルガネラ)自体およびそれらに含まれる染色体やDNA分子の構造・複製・伝達・化学的組成などを光学・紫外線・蛍光あるいは電子顕微鏡を用いて研究している。…

【遺伝子】より

…このような遺伝因子はメンデル因子,または単に因子とよばれていたが,W.L.ヨハンセン(1909)の提案した遺伝子という語がしだいにこれにとって代わるようになった。 サットンW.S.Sutton(1902)らはいち早く成熟分裂における染色体の行動がメンデル因子の行動と一致することを明らかにしたが,さらに,1910年に始まるT.H.モーガンらのキイロショウジョウバエの研究により,遺伝子は染色体に線状に配列して連鎖群を形成しており,一つの遺伝子は特定の染色体の特定の部位を占めていることがわかった。このような研究により,それまで仮想的な存在であった遺伝子が物質的基礎をもつことになり,その構造と機能を物質的に研究する道が開けた。…

【遺伝情報】より

…ある生物のもつ独特の構造や機能を作るために必要な情報は莫大な量に違いないが,この情報も結局はある程度の独立性をもった素情報ともいうべき〈遺伝子〉の集合として理解できることを示唆したのもG.J.メンデルの功績である。20世紀に入ってアメリカのT.H.モーガンらは,遺伝子のもつ情報の変化(突然変異)がおこること,およびその“異常な”情報がメンデルの法則に従って伝達することを示した。さらに彼らは,ある遺伝子の間ではかならずしも〈独立の法則〉があてはまらず,連鎖や交叉(こうさ)という現象がおこることを示し,その結果,一群の遺伝子は規則正しく直線状に配列していることが明らかにされた。…

※「モーガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

モーガンの関連キーワード日清戦争リーケの原理日清戦争ロシア映画アレクサンドル露仏同盟ウィリス木口小平権藤震二高橋作衛

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モーガンの関連情報