コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジオディメータ ジオディメータ geodimeter

2件 の用語解説(ジオディメータの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジオディメータ
ジオディメータ
geodimeter

光を用いて距離を測定する器械。発信装置から光波 (投影光) を送り,目標地点に置いたプリズム反射鏡で反射されてきた光波 (反射光) を受けて,投影光と反射光の位相のずれを測定し,2地点間の距離を読取る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジオディメータ
じおでぃめーた
geodimeter

光を利用して2点間の距離を測定する測量装置の一種。ジオディメータからは決まったいくつかの周波数で変調した光が発射される。その光は離れた場所に置いた反射鏡で反射されてふたたび装置に戻ってくる。発射光と反射光の位相差を測定することで反射鏡までの距離が求められるのである。この種の装置は一般に光波測距儀といわれ、いくつかの種類がある。そのうちスウェーデンのアガ社で開発、製作したものがジオディメータであったが、その後アメリカのトリンブル・ナビゲーション社が扱うようになった。短距離用、中距離用など各種のタイプがあり、なかでもジオディメータ8型はレーザー光を使用し、測定精度5ミリメートルで60キロメートルに及ぶ距離測定が可能な機種で、大規模な精密測量に広く使われている。[長沢 工]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジオディメータの関連キーワードレーザー測距視距儀測程器球差pHメーター骨密度計消化試験ゴニオフォトメーター月レーザー測距装置レーダー測距

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone