コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅延回路 ちえんかいろdelay circuit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遅延回路
ちえんかいろ
delay circuit

出力信号を入力信号よりもある時間だけ遅らせるようにした回路。インダクタンス (コイル) と,キャパシタンス (コンデンサ) で構成されたフィルタ回路 (特定周波数帯の電流だけを通過させる回路) もこの性質をもつが,普通はその目的のためにつくられた回路をいう。大きな遅延時間を得るための特殊なケーブルや水銀,ガラス,金属中の超音波の伝播を利用したもの,また半導体を用いたものもある。コンピュータの記憶回路,シンクロスコープなどに用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

遅延回路【ちえんかいろ】

電気信号の波形を変えずに伝達に一定の時間遅れを作る回路。これを含む閉回路を作って信号を循環させると一定容量の情報を蓄積させることができる。時間遅れを作る手段として,電気回路を用いるもの,水銀などの媒体中での超音波の伝搬時間あるいはニッケル線などの磁気ひずみによる弾性波の伝搬時間を利用するものなどがある。
→関連項目記憶装置サーミスター論理回路

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちえんかいろ【遅延回路 delay circuit】

フィルターや増幅回路に信号を通すと,その周波数特性のために,入力信号に対して出力信号に時間遅れを生ずる。最近の電子機器,とくにビデオ信号を扱うVTRなどでは信号をいろいろな成分に分けて記録し,再生後再びもとの信号に合成するという複雑な信号処理を行う。このとき,それぞれの信号成分は異なった時間遅れを受けるため,合成するとき時間遅れをそろえることが必要になる。このため遅延回路が用いられる。遅延回路に要求される特性は,信号の周波数帯域の範囲で平たんな振幅特性と一定の遅延時間をもつことである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

遅延回路の関連キーワードフランジャー[flanger]ダブルベース・ダイオードオシロスコープジオディメータコンピューターオシログラフブラウン管パルス回路進行波管電子管CCD

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android