コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジザーク Dzhizak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジザーク
Dzhizak

ウズベキスタン中東部,ジザーク州の州都。首都タシケントの南西約 180kmにある。古い町の一つで,ヌラタウ山脈を越えゼラフシャン川河谷へ出る交通路要地を占めていたため,交易の中心地として栄えた。食品 (製粉,油脂) ,綿花洗浄,建設資材などの工業が立地する。鉄道の分岐点で,タシケントとサマルカンドを結ぶハイウェーも通る。人口 11万 900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android