コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジストロフィン遺伝子 ジストロフィンイデンシ

デジタル大辞泉の解説

ジストロフィン‐いでんし〔‐ヰデンシ〕【ジストロフィン遺伝子】

ジストロフィンというたんぱく質を合成するための遺伝情報を担う遺伝子X染色体上に存在する。デュジェンヌ型およびベッカー型筋ジストロフィーの原因遺伝子。79のエクソンで構成され、ヒトの遺伝子で最大。
[補説]平成26年(2014)、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)がiPS細胞を使ったジストロフィン遺伝子の修復に成功している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ジストロフィン遺伝子の関連キーワードデュシェンヌ型筋ジストロフィー

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android