ジム ホール(英語表記)Jim Hall

20世紀西洋人名事典「ジム ホール」の解説

ジム ホール
Jim Hall


1930.12.4 -
米国のジャズギター奏者。
ニューヨーク州バッファロー生まれ。
別名James Stanley Hall。
オハイオで育ち、クリーブランド音楽院で学位を取得後、ブレトンバンクスに師事し、強い影響を受ける。13歳から地方のバンドで演奏を始め、1955年LAに出て、チコ・ハミルトン・クインテット入団。’56〜59年まではジミー・ジェフェリー・トリオのメンバーを務める。その後、ソニー・ロリンズを経て、’62〜64年にはアート・ファーマーと双頭カルテットを結成し、’65年のDB誌の人気投票でギタリスト第1位となる。同年からニューヨークを中心に自己のトリオで活躍したほか、スタジオ・ワーク、レコーディング活動に参加。代表作に「ジャズ・ギター」(Prcific Jazz)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android