ジャダ石(読み)ジャダせき(英語表記)jada tashı

世界大百科事典 第2版の解説

ジャダせき【ジャダ石 jada tashı】

トルコ・モンゴル系諸民族の間で,風・雪などを呼びおこすための呪術に用いられた石。5世紀の悦般(えつぱん),10世紀のキメック,11世紀のヤグマ,13世紀のモンゴル,15世紀のチャガタイ,18世紀のウイグルなどの諸民族が,来襲した敵を混乱させたり,火事を消したり,暑気をはらうなどの目的で使用した例が知られている。一説によれば,この石は牛馬などの動物の体内に生じた結石,ことに糞石で,これをにつないで澄んだ水の中に置いて雨乞いをするとたちまち降雨が見られたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android