コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャダ石 ジャダせきjada tashı

世界大百科事典 第2版の解説

ジャダせき【ジャダ石 jada tashı】

トルコ・モンゴル系諸民族の間で,風・雪などを呼びおこすための呪術に用いられた石。5世紀の悦般(えつぱん),10世紀のキメック,11世紀のヤグマ,13世紀のモンゴル,15世紀のチャガタイ,18世紀のウイグルなどの諸民族が,来襲した敵を混乱させたり,火事を消したり,暑気をはらうなどの目的で使用した例が知られている。一説によれば,この石は牛馬などの動物の体内に生じた結石,ことに糞石で,これを柳の枝につないで澄んだ水の中に置いて雨乞いをするとたちまち降雨が見られたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android