コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャダ石 ジャダせき jada tashı

1件 の用語解説(ジャダ石の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジャダせき【ジャダ石 jada tashı】

トルコ・モンゴル系諸民族の間で,風・雪などを呼びおこすための呪術に用いられた石。5世紀の悦般(えつぱん),10世紀のキメック,11世紀のヤグマ,13世紀のモンゴル,15世紀のチャガタイ,18世紀のウイグルなどの諸民族が,来襲した敵を混乱させたり,火事を消したり,暑気をはらうなどの目的で使用した例が知られている。一説によれば,この石は牛馬などの動物の体内に生じた結石,ことに糞石で,これを柳の枝につないで澄んだ水の中に置いて雨乞いをするとたちまち降雨が見られたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャダ石の関連キーワードクリルタイソロンタタール韃靼モンゴル語モンゴル文字伊犂蒙古ラードロフ弁髪

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone