暑気(読み)しょき

精選版 日本国語大辞典「暑気」の解説

しょ‐き【暑気】

〘名〙
① 夏の暑さ。また、そのころ。炎暑。暑熱。《季・夏》
※江吏部集(1010‐11頃)上・夏日陪左相府東閣同賦松風小暑寒応教「暑気尚微衣更冷、応因松下有清風」 〔韓愈‐陪杜侍御詩〕
※言継卿記‐永祿一二年(1569)七月四日「御喝食御所御痢疾、御脈診之、暑気之由申候了」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暑気」の解説

しょ‐き【暑気】

夏のさ。「暑気を払う」 夏》

あつ‐け【暑気】

夏の暑さ。しょき。
「涼しくも衣手かろしみそぎ川―はらひてかへるさの森」〈為忠集〉
暑さのために病気になること。あつさあたり。しょきあたり。
「かたへは―などにやとて見給へ侍る」〈宇津保・国譲中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android