暑気(読み)しょき

精選版 日本国語大辞典「暑気」の解説

しょ‐き【暑気】

〘名〙
さ。また、そのころ。炎暑。暑熱。《季・夏》
※江吏部集(1010‐11頃)上・夏日陪左相府東閣同賦松風小暑寒応教「暑気尚微衣更冷、応因松下有清風」 〔韓愈‐陪杜侍御詩〕
※言継卿記‐永祿一二年(1569)七月四日「御喝食御所御痢疾、御脈診之、暑気之由申候了」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暑気」の解説

あつ‐け【暑気】

夏の暑さ。しょき。
「涼しくも衣手かろしみそぎ川―はらひてかへるさの森」〈為忠集〉
暑さのために病気になること。あつさあたり。しょきあたり。
「かたへは―などにやとて見へ侍る」〈宇津保・国譲中〉

しょ‐き【暑気】

夏の暑さ。「暑気を払う」 夏》
[類語]暑さ猛暑酷暑極暑激暑厳暑炎暑大暑暑熱炎熱酷熱温気向暑残暑焦熱極熱灼熱いきれ人いきれ草いきれ暑い蒸し暑い暑苦しい焼け付く蒸すむんむんむしむしする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「暑気」の解説

【暑気】しよき

夏の暑さ。〔淮南子、墜形訓〕山は男多く、澤氣は女多く、氣は(えう)多く、氣は壽氣多く、谷氣は(ひ)(痺れ)多く、邱氣は狂多く、衍氣(卑湿)は仁多く、陵氣は貪多し。

字通「暑」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android