コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悦般 えっぱんYue-ban; Yüeh-pan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悦般
えっぱん
Yue-ban; Yüeh-pan

5世紀に中央アジアにいた遊牧民族,およびその国家。住地は新疆,天山山脈北側にあり,東西貿易路の要衝にあたっていた。人口は 20万余。風俗,言語は高車と同じであったというから,高車同様チュルク系であろう。きれい好きで,髪を垂らして眉のところで切り,クリームを塗って光らせ,毎日3度の食前には手を洗い口をすすいだ。もと柔然同盟国であったが,のちに敵対関係に入り,448年北魏の軍が西域に遠征すると,悦般は北魏と連合して柔然を攻撃しようと申し出た。名称の類似から,同じく5世紀にドン川下流域に出現し,6世紀に中央ヨーロッパに帝国を建設したアバール人と同一視する説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えっぱん【悦般】

5世紀ころ、中央アジアのイリ地方に住んでいたトルコ系の遊牧民族。また、その国。中国南北朝の史書に現れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えっぱん【悦般】

中国の史書「魏書」にみえる西域のトルコ系民族の国。五世紀頃、イリ地方を領した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

悦般の関連キーワードジャダ石アバール魏書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android