ジャック スワード(英語表記)Jack Seward

20世紀西洋人名事典の解説


1924 -
米国の日本語学者。
オクラホマ州牧場で日系人から日本語を習う。その後、オクラホマ大及びミシガン大陸軍日本語学校で日本語を学ぶ。第二次大戦後陸軍情報部員として九州で勤務して、日本人と結婚する。1973年に帰国するまでに、英語で日本に関する「Japanese in Action」(’68年)、および日本語でアメリカに関する「テキサスの鯉のぼり」(’74年)を書く。’74年テキサス大、オースチン大で日本語及び日本文化史を教える。その後、環境アセスメント関係の会社の国際部長となりたびたび来日する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android