ジャック ルーシェ(英語表記)Jacques Loussier

20世紀西洋人名事典の解説

ジャック ルーシェ
Jacques Loussier


1934.10.26 -
フランスのジャズ演奏家。
アンジェ生まれ。
15歳でパリのコンセルバトワールでクラシック・ピアノを学ぶ。アルバイトポピュラー音楽を演奏してからジャズなどに興味を抱き、シャルル・アズナブールの伴奏者として認められ、仏デッカと契約。バッハに徹する特異なジャズ・ピアニストとして全世界で大成功を収める。1963年以降トリオで活躍、’86年素晴らしい録音技術を得て、再レコーディング、再び脚光を浴びる。代表作は「プレイ・バッハVol.1〜5」、「デジタル・プレイ・バッハ」など。’71年来日。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android