コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャマール・アッディーン Jamāl al‐Dīn

世界大百科事典 第2版の解説

ジャマール・アッディーン【Jamāl al‐Dīn】

中国,元代の天文・暦法地理学者。中国名は札馬剌丁。おそらくイラン人と思われるが,その生没年および中国への移住の年代は不明。世祖フビライに仕え,1267年(至元4)〈西域儀象〉と呼ばれる7種類の天文・地理関係の器具を作製,また《万年暦》と呼ばれる暦書を編纂してともにフビライに献上した。71年大都の回回司天台提点(イスラム天文台長)に任命され,73年には秘書監の長官の職をも兼任してイスラム文献の収集に努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のジャマール・アッディーンの言及

【アフガーニー】より

…イスラム改革および反帝国主義の運動の扇動家,組織者。名はジャマール・アッディーンJamāl al‐Dīn。アフガン人と自称したが,イラン生れ。…

【中国科学】より

…この場合にも天文学が大きくとりあげられた。イスラムの天文儀器や科学書が中国に伝えられるとともに,西域人ジャマール・アッディーン(札馬魯丁)は元の世祖に親任され,回回司天台の長官となった。元代には中国天文学の伝統を受けつぐ授時暦によって暦計算が行われたが,これと並んでイスラム天文学による計算が行われた。…

※「ジャマール・アッディーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャマール・アッディーンの関連キーワードアフガーニー