コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色目人 しきもくじんSe-mu-ren; Sê-mu-jên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色目人
しきもくじん
Se-mu-ren; Sê-mu-jên

中国,代における西方諸種族の総称。諸色目 (種々の種類の) 人の略語元朝は支配下の人民を4身分に分け,モンゴル人漢人 (旧金朝の人民) ,南人 (旧南宋の人民) 以外の西方のウイグル人,サラセン人など,主としてトルコ・イラン系の多くの諸種族を一括して色目人と呼んだ。彼らはモンゴル人に次ぐ準支配者としての身分とそれに伴う特権を与えられ,中国人に匹敵する文明保持者として,モンゴル人の中国支配に利用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しきもく‐じん【色目人】

中国代、その治下にあったトルコ・イランなど西域地方諸種族の総称。モンゴル人に次ぐ準支配階級として重用され、政治・経済・文化の諸分野で活躍した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

色目人【しきもくじん】

中国,元朝の治下における西方諸国人の総称で,もろもろの種類の人を意味する諸色目人の略。ヨーロッパ人も含む。漢人よりも前に元朝に服属していたので,元朝の身分制度において,モンゴル人に次ぐものとされ,準支配階級を形成し,さまざまの特権を与えられた。
→関連項目元(王朝)トンシャン(東郷)族ポーロ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきもくじん【色目人 Sè mù rén】

中国元代に用いられた社会的身分をあらわす用語。元朝は治下の諸民族を蒙古人,色目人,漢人(旧金国支配下の中国人と契丹,女真,高麗人),南人(旧南宋領内の中国人)の四つに区分し,この順位でそれぞれの身分,待遇に差等をつけた。色目人とはもろもろの種類の人を意味する諸色目人の略でウイグル,ナイマンタングートカルルク,キプチャクをはじめペルシア,アラブ,ヨーロッパ等の二十数種の諸民族を包含する。彼らは比較的早くモンゴルに帰属,征服された西方系ないし北方系の住民で,中国とは別の固有の文化伝統をもつものも多かった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しきもくじん【色目人】

〔諸種族に属する人の意〕
中国、元代、モンゴル人・漢人・南人以外の西方系諸種族の総称。モンゴル人に次ぐ準支配者として重用された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

色目人
しきもくじん

中国の元代(1271~1368)に、モンゴル人、漢人(旧金国人)、南人(旧南宋(なんそう)人)以外の人々をさした名称。タングート、ウイグル、ナイマンなど、主として西方諸地方出身の人々が含まれる。語源は「さまざまな種類の人」の意味の「諸色目人」の省略とも考えられている。色目人は、モンゴル人の中国支配の重要な担い手で、地方の行政上の長官であるダルガチにはモンゴル人以外では色目人だけが任用されるという原則がしだいに確立していき、科挙試験で優遇されるなど多くの特権を有した。また、色目人で編成されたハンの軍隊も多数あり、中央の高官も輩出し、ハンの継承問題に介入する有力者もあった。[松田孝一]
『箭内亙著『蒙古史研究』(1930・刀江書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の色目人の言及

【元】より

…もっとも元朝は創設後20年にして南宋を併合して全中国を版図内に含めたから,同じく征服王朝とはいっても,先輩のキタイ遼帝国,ジュルチン金王朝なみの簡単な統治様式ではすまされない。 首都をモンゴリアのカラコルムから漢地の燕京(現,北京市)に移し,国号を大元と称し,中統と建元した元朝は,いよいよ中国内地に乗り込んで全領域の統一支配に着手することになるのであるが,その場合,金国の故地たる漢地こそが新国家の基盤であり(漢地を中書省腹裏と称して中央政府みずからが直轄するという前例のない統治制度),政権を担当すべき高級職官はひとり譜代関係をもつモンゴル,色目,漢人に限る(百官の長はモンゴルもしくは色目人をもってし,根脚ある漢人はこれに準ずという特異な官制)という統治綱目が鮮明にされた。この体制の下にあっては,かつての本土であったモンゴリア(達達地面)と南宋の故地たる江南が政局中枢部から疎外されるのは必然である。…

【世祖】より

…制度の中に重い位置づけをもって取り込まれたモンゴル的軍民官制(達魯花赤(ダルガチ),千戸長,世襲制),モンゴル人一般に許された政治・法律上の優遇規定,諸王・功臣に対する恒常的歳賜を通じて間接的にモンゴル民衆に及ぶ莫大な物質的賜与などはモンゴル至上主義として周知されるところである。このような主権者モンゴルの主体性保持を達成するため西域人を主とする治下の非漢文化諸種族を色目(しきもく)人として一括し,彼らに協力者としての特権を与えるとともにそれぞれ本俗法の維持を規定したのは実に異色ある政策であった。一つの全体社会の中に漢人,モンゴル,色目諸種族という個別社会が並存して元朝100年間の中国支配が維持できたとすれば,元朝創設者としての世祖の意義はそこにも認められるであろう。…

※「色目人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

色目人の関連キーワードダルガチ(達魯花赤)タングート(党項)元(中国の王朝)フビライ・ハン南人(中国)康里巙巙ダルガチ斡脱銭薩都剌答失蛮

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android