ジャン・マリー メシエ(英語表記)Jean-Marie Raymond Pierre Messier

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
実業家 元ビベンディ・ユニバーサル会長・CEO

国籍
フランス

生年月日
1956年12月13日

出生地
グルノーブル

学歴
エコール・ポリテクニク(国立理工科学校),国立行政学院(ENA)卒

経歴
祖父は知事専用車の運転手、父は経理士。1982年フランス大蔵省に入り、’86年バラデュール財務相の下で最初の国有企業民営化政策責任者を務める。’88年投資銀行ラザール・フレールに入り、’89年史上最年少のゼネラル・パートナーに。’94年ジェネラル・デゾー(CGE)に引き抜かれ、’96年会長に就任。’98年社名をビベンディに変更。水道事業など公益事業を柱としていた同社をメディア・通信会社に転換させ、フランス最大の民間企業となる。また企業買収を推進し、2000年同社傘下の有料テレビ会社・カナルプリュス、ユニバーサル映画などを所有するカナダのシーグラムと合併、ビベンディ・ユニバーサル会長兼CEO(最高経営責任者)に就任。同社は世界第2位のメディア企業となる。しかし買収による負債がかさみ、2002年7月業績不振と株価低迷の責任を取り辞任。やがて、放漫経営で会社を破綻の危機にさらしたとして訴えられ、2011年禁固3年の執行猶予判決を受けた。2002年よりメシエ・パートナーズ(ニューヨーク)CEO。一方、オペラファンで、エクス・アン・プロバンスのオペラ祭を復活させたことでも知られる。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android