コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャーラワール Jhālawār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャーラワール
Jhālawār

インド北西部,ラージャスターン州南東部の町。ジャーラワール県の行政庁所在地で,コタの南南東約 75kmに位置する。旧市街は 1796年に建設され,かつてジャーラワール藩王国の首都であった。北部に新市街が広がり,王宮,軍の駐屯地がある。綿織物,カーペットを産し,周辺の農産物,綿花,コムギ,搾油用種子,トウモロコシ,穀類を集散する。中心地から北方約 12kmにあるガグロン要塞が,2013年ラージャスターン州の丘陵要塞群として世界遺産の文化遺産に登録された。人口 4万8054(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android