ジヤ・パシャ(英語表記)Ziya Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

ジヤ・パシャ【Ziya Paşa】

1825‐80
トルコ思想家,文学者,立憲主義者。1855年,オスマン帝国大宰相タンジマートに始まる西欧化を推進したムスタファ・レシト・パシャに見いだされて,宮廷書記となる。この頃フランス語を学び,ヨーロッパの思想・文学の影響を受けた。しかし,その後,大宰相アリー・パシャに疎(うと)まれて地方に追われる。65年に結成された新オスマン人協会の反専制運動に参加するが,弾圧されて67年パリへ亡命。その後ナムク・ケマルらとともに,ロンドンで《自由》紙を創刊した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android