ジュッセルドルフ(英語表記)Düsseldorf

デジタル大辞泉 「ジュッセルドルフ」の意味・読み・例文・類語

ジュッセルドルフ(Düsseldorf)

デュッセルドルフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ジュッセルドルフ」の意味・読み・例文・類語

ジュッセルドルフ

  1. デュッセルドルフ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ジュッセルドルフ」の意味・わかりやすい解説

ジュッセルドルフ
Düsseldorf

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の州都。ライン川右岸のルール工業地帯における中心的都市の一つ。 1159年にライン川の小支流ジュッセル川沿いの村 (ドルフ) として名がみえ,1288年に都市権を得た。 17世紀には選帝侯ヨハン・ウィルヘルム2世の保護のもとにバロック芸術の都として知られた。 1870年代から工業が発達し,鉄鋼,機械,ガラス,自動車などを産し,特に婦人服生産ではドイツの中心地。ルール地方の玄関として銀行や外国商社,証券取引所など多くの経済機能が集中し,ルール地方の大企業の本社も多い。都心では壮麗さで知られるドイツ有数のショッピング街ケーニヒスアレーなど,近代的な通りにビルディングが立並ぶが,旧市には 16世紀の市庁舎などの古い建造物や町並み,伝統的な祭りが残る。詩人 H.ハイネの生家,ゲーテ博物館,陶磁器の収集で知られるヘッチェンズ博物館などがある。ヨーロッパ各地とは,鉄道,アウトバーン空路水路によって結ばれている。市の郊外ネアンデルタールは,先史人類の遺骨が発見された地として有名。人口 58万6217(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ジュッセルドルフ」の意味・わかりやすい解説

ジュッセルドルフ
じゅっせるどるふ

デュッセルドルフ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android