ジュニパーベリー(英語表記)juniper berry

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュニパーベリー
じゅにぱーべりー
juniper berry

ヒノキ科(分子系統に基づく分類:ヒノキ科)の洋種ネズ(セイヨウネズ、西洋柏槇(びゃくしん)ともよばれる)の雌木になる果実を乾燥した香辛料。特有の甘い脂(やに)臭があり、洋酒ジンのくせのあるにおいはこのジュニパーベリーのものである。臭みのある鹿(しか)肉、ラムや野生動物の肉、またチキン、ビーフなどの肉料理に用いられ、野菜料理にも少量を砕いてサラダやソースに使われる。[齋藤 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジュニパーベリーの言及

【ジン】より

…穀類を原料とする蒸留酒の一種。いくつかの種類があるが,オランダ・ジン(ジェネバgeneva)とロンドン・ジンが代表的なもので,いずれもジュニパーベリー(杜松子(としようし)。ネズの実)の独特の香味をもつ。…

※「ジュニパーベリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android