ジュリアン ホーソーン(英語表記)Julian Hawthorne

20世紀西洋人名事典の解説

ジュリアン ホーソーン
Julian Hawthorne


1846 - 1934
米国の小説家。
父はナサニエル・ホーソーン。ディケンズの「荒涼館」からベケット警部の登場する14章を独立させて「ベケット警部の仕事」という探偵小説を仕立てた。他の作品に「ブレサント」(1873年)、「ガース」(1877年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android