コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュンブラート Jumblat

世界大百科事典 第2版の解説

ジュンブラート【Jumblat】

1917‐77
レバノンの政治家。アラビア語では,ジャームブラートJāmbulāṭとよぶ。ドルーズ派の名門ジュンブラート家の首長。パリで文学と哲学を,ベイルートで法学を学ぶ。1940年代半ばから政治活動に参加,49年には社会改革を唱える進歩社会党を設立した。47年以後(57年のみを除き)連続して国会議員,しばしば閣僚となり,レバノン政界で有力な地位を占めた。52年シャムウーンにくみしてホーリー大統領を倒し,58年の内戦ではシャムウーンと対決した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュンブラート
じゅんぶらーと

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジュンブラートの関連キーワードワリド ジュンブラートK. ジュンブラート

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android