コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュンブラート Jumblat

世界大百科事典 第2版の解説

ジュンブラート【Jumblat】

1917‐77
レバノンの政治家。アラビア語では,ジャームブラートJāmbulāṭとよぶ。ドルーズ派の名門ジュンブラート家の首長。パリで文学と哲学を,ベイルートで法学を学ぶ。1940年代半ばから政治活動に参加,49年には社会改革を唱える進歩社会党を設立した。47年以後(57年のみを除き)連続して国会議員,しばしば閣僚となり,レバノン政界で有力な地位を占めた。52年シャムウーンにくみしてホーリー大統領を倒し,58年の内戦ではシャムウーンと対決した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュンブラート
じゅんぶらーと

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュンブラートの関連キーワードワリド ジュンブラートK. ジュンブラート

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android