コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジューバ[川] Juba River

世界大百科事典 第2版の解説

ジューバ[川]【Juba River】

アフリカ北東部を流れる川。Giubaとも綴る。エチオピア南部の高原に源を発し,南東に流れてソマリアに入り,キスマユの北でインド洋に注ぐ。全長約1500km。下流部で最大の支流ウェビ・シェベリ川と合流する。下流域はソマリア第1の農業地帯で,イタリア人のプランテーションに始まるバナナやトウモロコシサトウキビなどが栽培される。1925年まではこの川がイタリア領ソマリランドイギリス領東アフリカの境界線であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android