コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョアル語 ジョアルごparler joual

世界大百科事典 第2版の解説

ジョアルご【ジョアル語 parler joual】

フランス語の一方言。16世紀半ばに〈新フランス〉として成立した,北アメリカ大陸東岸のフランス植民地(最盛期には現在のカナダのケベック州と東部沿海諸州を含んでいた)に入植したフランス人が,特に18世紀後半から本国フランスとの接触を絶たれた状況で2世紀近く話し続けている間に,かなり独自の言語学的特徴をそなえるにいたった言語をいう。標準フランス語に比べて,名詞形容詞の性・数一致が厳密でなかったり,動詞語尾変化も単純化されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android