コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョアル語 ジョアルご parler joual

1件 の用語解説(ジョアル語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジョアルご【ジョアル語 parler joual】

フランス語の一方言。16世紀半ばに〈新フランス〉として成立した,北アメリカ大陸東岸のフランス植民地(最盛期には現在のカナダケベック州と東部沿海諸州を含んでいた)に入植したフランス人が,特に18世紀後半から本国フランスとの接触を絶たれた状況で2世紀近く話し続けている間に,かなり独自の言語学的特徴をそなえるにいたった言語をいう。標準フランス語に比べて,名詞や形容詞の性・数一致が厳密でなかったり,動詞の語尾変化も単純化されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジョアル語の関連キーワードオイル語カバニスグリソンフランス語フレンチフラングレベンチャロンコモ大聖堂トレンチーン城ランボウル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone