ジョバンニ・ディ・パオロ(英語表記)Giovanni di Paolo

世界大百科事典 第2版の解説

ジョバンニ・ディ・パオロ【Giovanni di Paolo】

1403ころ‐82
イタリアの画家。シエナ生れ。全活動期間を生地で過ごす。タッデオ・ディ・バルトロTaddeo di Bartolo,ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ,サセッタらの国際ゴシック様式の画家たちから影響を受けながら,優雅さをたたえ,幻想性,装飾性の濃い作風をつくり上げた。〈洗礼者ヨハネ伝〉連作(1453‐54ころ)は,その細やかな描線,激しいコントラストをなす色彩,現実の詩的解釈ゆえに,表現主義ないしはシュルレアリスムの世界を想起させる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジョバンニ・ディ・パオロの言及

【シエナ派】より

…シモーネにつづいてメンミLippo Memmi(1317‐46活動),ロレンツェッティ兄弟(ピエトロおよびアンブロージョ)が現れ,ピエトロはよりドラマティックな表現を得意とし,逆にアンブロージョの華やかな色彩と繊細な感覚とが,14世紀末から開花する国際ゴシック様式への道を準備する。15世紀のシエナ派は前世紀ほどの隆盛と影響力を見せなかったが,のちにフィレンツェで活躍するL.モナコは敬虔で魅力ある宗教画を描き,サセッタ,ジョバンニ・ディ・パオロ,サーノ・ディ・ピエトロSano di Pietro(1406‐81)らは流行の国際ゴシック様式に,シュルレアリスムを想起させる幻想的な雰囲気を添えた。16世紀初頭には,ロンバルディア出身のソドマがシエナに定住し,レオナルド・ダ・ビンチ風の様式を紹介する一方,盛期ルネサンスからマニエリスムへの過渡期を示す作品を残した。…

※「ジョバンニ・ディ・パオロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android