コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シエナ派 シエナはSienese school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シエナ派
シエナは
Sienese school

中部イタリアのシエナを中心として,13世紀から 14世紀にかけて栄えた画派。 13世紀にグイド・ダ・シエナが現れて活躍し,いまでは名前の知られていない画家たちとともにこの画派を形成した。 14世紀になると,ドゥッチオ・ディ・ブオニンセーニャ,その弟子のシモーネ・マルティーニロレンツェッティ兄弟が現れ,この画派の作風が確立され,フィレンツェ派と並んで,当時のイタリアの主要な画派として隆盛した。その特色は,フィレンツェ派の合理的,写実的な造形性に対して,甘美で情緒的な装飾性,詩的なイメージにある。しかし,15世紀になるとフィレンツェ派の圧倒的な勢力によって衰退し,単なる一地方様式を固守する画派となったが,サッセッタジョバンニ・ディ・パオロ,ネロッチオ・デイ・ランディらが伝統を守った。この画派の最後の画家として,16世紀に活躍したソドマがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シエナ派【シエナは】

イタリアのシエナSienaを中心に13世紀末から14世紀にかけて栄えた絵画の一派。中世的な敬虔(けいけん)な感情に満ち,フィレンツェ風の写実的な力強さと違って,柔和で甘美な表出,情緒性,装飾的な構図を特色とする。
→関連項目ウンブリア派シエナソドマモナコロレンツェッティ[兄弟]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シエナは【シエナ派】

イタリア中部,トスカナ地方のシエナを中心に,13世紀後半から16世紀にかけて展開した一画派。フィレンツェ派遠近法解剖学を駆使して造形的で現実感のある合理的な絵画を創始したのに対し,情緒性,装飾性を主体とする洗練された感性的な美を求めた。シエナ派絵画の淵源は,この地域のベネディクト会修道院で数多く作られたミニアチュールにあり,そこからこの派を特徴づける豊かで優美な色彩と,このうえなく洗練された技法への嗜好が生まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シエナは【シエナ派】

シエナを中心に、中世末期からルネサンスにかけて栄えた画派。ドゥッチョ・マルティーニ・ロレンツェッティ兄弟らが代表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シエナ派
しえなは
Scuola Senese

中部イタリア、トスカナ地方の町シエナに輩出した画家の一派。13世紀末から14世紀前半にかけてのイタリア絵画の揺籃(ようらん)期に、ジョットを中心とするフィレンツェ派とともに、イタリア絵画、ひいてはヨーロッパ絵画の形成に大きな役割を果たした。その基礎を築いたのはドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャである。彼はビザンティン風の絵画を洗練し、ジョットの現実感にあふれた力強い表現とは対照的な、優美さや装飾性と人間味がよく調和した繊細な画風を確立した。ドゥッチョの弟子であるシモーネ・マルティーニがこの画風を受け継ぎ、フランス・ゴシック美術の影響のもとに、さらにいっそう洗練の度を加えた。過敏なまでに繊細で、夢幻的な美しさをもったシモーネの芸術において、シエナ派絵画は頂点に達したといえる。彼はジョットとともに、真にイタリア的、ヨーロッパ的画家で、広範な影響を及ぼした。次に重要な画家は、ピエトロとアンブロジオのロレンツェッティ兄弟である。それぞれに個性的な2人は、フィレンツェ派の成果をもよく消化し、ジョットの死後、フィレンツェ派とシエナ派をつなぐ役割を果たすかに思われたが、1348年のペストがその望みを断ってしまった。14世紀には、これら4人の画家の影響のもとにシエナ派は黄金時代を現出し、多くの画家がシエナで活躍した。バルナ・ダ・シエナやバルトロ・ディ・フレディがその代表である。
 15世紀に入ると、もはや先取的な役割を果たす画家は出なくなるが、サセッタやジョバンニ・ディ・パオロ、サーノ・ディ・ピエトロ、マッテオ・ディ・ジョバンニ、ネロッチョ・ディ・バルトロメオら独特の幻想性と宗教性をもった、魅力ある画家たちが活躍した。さらに16世紀になると、北イタリア生まれのソドマと、その影響を受けたドメニコ・ベッカフーミが出ている。[石鍋真澄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシエナ派の言及

【国際ゴシック様式】より

… 国際的交流は,1320年代すでにジョットにはじまるイタリア絵画の革新の影響として,空間の存在を暗示する立体感や遠近感表現の画面への導入や,感情表現に示される人間解釈の深化がアルプス以北の作品に散見されることから立証されているが,14世紀中葉,教皇の都アビニョンと皇帝の都プラハでの造営事業を通じて本格化する。アビニョンに集まった工人の出身地は多彩であるが,S.マルティーニ,ジョバネッティMatteo Giovanetti(生没年不詳)などシエナ派の画家が招かれ教皇庁壁画,祭壇画,写本挿絵制作などに活躍し,アビニョンを中継地としてシエナ派の影響が国際的に波及した。プラハでもカール4世が,地元のみならずフランス,ドイツ,イタリアから工人を招き,大聖堂やカールシュタイン城を造営した。…

【ゴシック美術】より

…ジョットはアッシジ,パドバ,フィレンツェ(サンタ・クローチェ教会)の壁画において,このような現実感のこもった劇的な宗教芸術を実現したのであった。フィレンツェのジョットとその門人たちの活動に対し,ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ,マルティーニおよびロレンツェッティ兄弟らのシエナ派の活動もめざましかった。ドゥッチョらはビザンティン絵画の伝統をおしすすめ,精巧な技巧をもって,現実感に裏づけられた中世宗教画の美を発揮する。…

【ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ】より

…生没年不詳。S.マルティーニ,ロレンツェッティ兄弟ら14世紀のシエナ派の画家たちや,フィレンツェ派にも影響を及ぼしたシエナ派絵画の確立者。初期の大作《ルチェライの聖母》(1285委嘱)では,ビザンティン様式を基礎としながらも,ジョットほど革新的ではないが聖母子像に新しい生命力と人間性とを吹き込んでいる。…

【マルティーニ】より

…シエナ生れ。シエナ派の祖ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャに師事し,同派の最も重要な画家となった。師の流麗な線と華麗な色彩感をいっそう発展させ,純化された描線と洗練の極に達した色彩をその様式の特質とする。…

※「シエナ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シエナ派の関連キーワードロレンツェッティ(Ambrogio Lorenzetti)フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニマルティーニ(Simone Martini)ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャドメニコ・ディ・バルトロマッサマリッティマ大聖堂ロレンツェッティ[兄弟]サーノ・ディ・ピエトロナルド・ディ・チオーネグィード・ダ・シエナフェレール・バッサシエナ大聖堂美術館シエナ国立絵画館ピエンツァ大聖堂ソリアーノ宮殿プブリコ宮殿ベッキエッタボンフィーリトスカーナ派

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android