ジョン ブアマン(英語表記)John Boorman

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
映画監督

国籍
英国

生年月日
1933年1月18日

出生地
シェパートン

勲章褒章
CBE勲章

受賞
カンヌ国際映画祭監督賞(第23回)〔1970年〕「レオ・ザ・ラスト」,カンヌ国際映画祭芸術貢献賞(第34回)〔1981年〕「エクスカリバー」,ロサンゼルス映画批評家協会賞作品賞・監督賞〔1987年〕「戦場の小さな天使たち」,東京国際映画祭芸術貢献賞(第2回)〔1987年〕「戦場の小さな天使たち」,ゴールデン・グローブ賞作品賞(ミュージカル・コメディ部門,第45回,1987年度)〔1988年〕「戦場の小さな天使たち」,カンヌ国際映画祭監督賞(第51回)〔1998年〕「ジェネラル/天国は血の匂い」,BAFTAフェローシップ賞〔2004年〕

経歴
オランダ、アイルランド、スコットランドの血筋をひく。少年の頃からの映画ファンで、1955年インディペンデント・テレビジョン・ニューズに入り、フィルム編集の助手に。’62年BBCに入社し、ドキュメンタリー・フィルム部門のチーフを経て、’65年「5人の週末」で映画監督デビュー。’67年米国に渡り、「殺しの分け前/ポイント・ブランク」で注目を浴びる。’70年「レオ・ザ・ラスト」でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。’72年「脱出」でアカデミー賞作品賞と監督賞にノミネートされる。その後、アイルランドに居を構え、アイルランド・ナショナル・フィルム・スタジオ代表、英国映画協会会長を務める。他の監督作品に「未来惑星ザルドス」(’74年)、「エクソシスト2」(’77年)、「エクスカリバー」(’81年)、「エメラルド・フォレスト」(’85年)、「戦場の小さな天使たち」(’87年)、「女神たちの季節」(’90年)、「ジェネラル/天国は血の匂い」(’98年)、「テイラー・オブ・パナマ」(2001年)、「イン・マイ・カントリー」(2004年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android