コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョン・ブラウンの遺骸 ジョン・ブラウンのいがいJohn Brown's Body

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョン・ブラウンの遺骸
ジョン・ブラウンのいがい
John Brown's Body

アメリカの詩人,小説家スティーブン・ビンセント・ベネーの長編物語詩。 1928年刊。奴隷制度のスケッチから始り,ジョン・ブラウンのハーパーズ・フェリー襲撃とその処刑,南北戦争勃発とその終結までを物語ったもので,南北戦争における双方の動きを深い同情をもって描き,有名な戦士や重要な戦い,さまざまな男女の困苦などを描いてピュリッツァー賞を得た。なお題名は南北戦争当時に流行したハーパーズ・フェリー襲撃を主題にした行進曲からとられたもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジョン・ブラウンの遺骸の関連キーワードパワー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android