行進曲(読み)こうしんきょく(英語表記)march

翻訳|march

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行進曲
こうしんきょく
march

軍隊そのほかの集団を,歩調を合せ秩序正しく行進させるための伴奏用音楽,あるいはその情景を描写する芸術音楽。目的により数種に分れる。普通長調,2拍子系,メトロノーム速度は ♩=116~120,形式は複合3部形式またはその拡大形。儀式的で壮麗な戴冠,結婚,凱旋,祝典行進曲などは4拍子系,メトロノーム速度は ♩=108~112で,オペラのなかにもしばしば登場し,また管弦楽用,ピアノ用として純芸術的にも多く作曲される。葬送行進曲は,悲哀の情緒を表わすため短調,4分の4拍子,メトロノーム速度は ♩=76~80。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうしん‐きょく〔カウシン‐〕【行進曲】

行進に合わせて奏される曲。また、行進のためにつくられた楽曲。マーチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

行進曲【こうしんきょく】

マーチmarchともいう。行列を秩序をもって動かすときの音楽,あるいは,それに似た性格の音楽。古代ギリシアではアウロスを吹いて行進した。ルネサンス以降は,2拍子,4拍子,まれに速い6拍子で,単純なリズム構造という定型が確立。バロック時代からオペラやバレエの場面のために行進曲が作られたが,様式化された作品も多く,ベートーベンの交響曲《英雄》中の葬送行進曲(第2楽章)やシューベルトのピアノ連弾のための《軍隊行進曲》は後者の例。19世紀後半から盛んになった吹奏楽では,実用性の強い曲が多く,スーザの《星条旗よ永遠なれ》はその例である。→吹奏楽団

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうしんきょく【行進曲 march】

マーチの訳。集団が行進するための伴奏音楽およびその情景を描写した音楽。2拍子か4拍子が多く,はっきりしたリズムと明快な形式を特徴とする。速度・曲想は行進の目的に規定され,軍隊行進曲,祝典行進曲,結婚行進曲などさまざまな種類がある。遅いテンポによる短調の葬送行進曲はその特異な例である。行進曲の歴史は古く,文献絵画などの資料によれば古代ギリシアにまでさかのぼることができる。16世紀になるとバッタリア(戦場音楽)の中に行進の情景を描写したものがみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうしんきょく【行進曲】

隊列の行進に用いられる曲。また、隊列の行進を描写した楽曲。規則正しい二拍子系。軍楽や儀式の音楽が多い。マーチ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行進曲
こうしんきょく

元来は行進に付随する音楽で、軍隊などが行進するとき、足並みをそろえるためのもの。英語のマーチmarchにあたる。通常は2拍子、4拍子、あるいは8分の6拍子の明快なリズムをもち、管楽器と打楽器で演奏される。16世紀ごろから芸術音楽にも用いられるようになって、行進のありさまを描写するようになった。また儀式と結び付いて、「結婚行進曲」「葬送行進曲」などが作曲された。ポピュラー音楽の分野でも多くの種類の行進曲が発達している。たとえばスペインのパソ・ドブレ、ブラジルのマルシャ、キューバのコンガなども、もともとは行進曲の一種とみなされよう。[永田文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行進曲の関連情報