ジョン・L.L.B. ハモンド(英語表記)John Lawrennce Le Breton Hammond

20世紀西洋人名事典の解説

ジョン・L.L.B. ハモンド
John Lawrennce Le Breton Hammond


1872 - 1949
英国の経済史家,ジャーナリスト
フェビアン協会の影響を受け夫人のバーバラ(Lucy Barbara)と共に産業革命時代の労働者の状態に関する名著を数多く発表した。A.トインビーと共に「悲観派」の代表的存在といえる。1899〜1906年まで「スピーカー」誌の編集長を務め、’06年トリビューン誌に入社した。主著は「農村の労働者1760〜1832」(’11年)、「都市の労働者1760〜1832」(’17年)、「熟練労働者1760〜1832」(’19年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android