コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索) ジロボウエンゴサク Corydalis decumbens

1件 の用語解説(ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)
ジロボウエンゴサク
Corydalis decumbens

ケシ科の多年草。関東以西,四国,九州,台湾に分布し,山麓の林や野原に生える。地下に丸い塊茎があり,数本の茎と根生葉を出す。茎は弱々しく,高さ 15cm内外。葉は2回3出羽状に分裂し,終裂片は倒卵形または倒披針形

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)の関連キーワード人字草爪蓮華浜菱黄華鬘草紫陽花草橘夏の田村草イワレンゲエンゴサクヤマブキソウ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone