コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンツハイマー Hugo Sinzheimer

1件 の用語解説(ジンツハイマーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジンツハイマー【Hugo Sinzheimer】

1875‐1945
ドイツの労働法学者。社会民主主義者で,ワイマール憲法に生存権,労働者の経営参加などの条項を盛り込むことに尽力した。1920年よりフランクフルト大学教授として,カスケルらの解釈学的労働法学を批判,法社会学的方法に基づく新たな労働法学の樹立を唱えた。ギールケの団体法論を援用しつつ,労働法を団体法としてとらえた。ユダヤ人であったため,ナチ政権に追われてアムステルダム大学教授となった。C.シュミットが《ドイツ法学におけるユダヤ人》でユダヤ人法学者を攻撃したのに反論して,シュタールゴルトシュミットデルンブルクラーバントイェリネックエールリヒらの功績を強調した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジンツハイマーの関連キーワードサビニーDGB統一ドイツ吾妻光俊片岡曻菊池勇夫菅野和夫中山和久野村平爾花見忠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone