コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンツハイマー Hugo Sinzheimer

世界大百科事典 第2版の解説

ジンツハイマー【Hugo Sinzheimer】

1875‐1945
ドイツの労働法学者。社会民主主義者で,ワイマール憲法に生存権,労働者の経営参加などの条項を盛り込むことに尽力した。1920年よりフランクフルト大学教授として,カスケルらの解釈学的労働法学を批判,法社会学的方法に基づく新たな労働法学の樹立を唱えた。ギールケの団体法論を援用しつつ,労働法を団体法としてとらえた。ユダヤ人であったため,ナチ政権に追われてアムステルダム大学教授となった。C.シュミットが《ドイツ法学におけるユダヤ人》でユダヤ人法学者を攻撃したのに反論して,シュタールゴルトシュミットデルンブルク,ラーバント,イェリネックエールリヒらの功績を強調した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジンツハイマー

生年月日:1875年4月12日
ドイツの法学者
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ジンツハイマーの関連キーワード生年月日社会法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android