コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンツハイマー Hugo Sinzheimer

1件 の用語解説(ジンツハイマーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジンツハイマー【Hugo Sinzheimer】

1875‐1945
ドイツの労働法学者。社会民主主義者で,ワイマール憲法に生存権,労働者の経営参加などの条項を盛り込むことに尽力した。1920年よりフランクフルト大学教授として,カスケルらの解釈学的労働法学を批判,法社会学的方法に基づく新たな労働法学の樹立を唱えた。ギールケの団体法論を援用しつつ,労働法を団体法としてとらえた。ユダヤ人であったため,ナチ政権に追われてアムステルダム大学教授となった。C.シュミットが《ドイツ法学におけるユダヤ人》でユダヤ人法学者を攻撃したのに反論して,シュタールゴルトシュミットデルンブルクラーバントイェリネックエールリヒらの功績を強調した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ジンツハイマーの関連キーワード原子爆弾投下ドイツ問題ホフマン新聞小説日ロ関係イギリス映画北朝鮮特攻隊闇市陸軍省

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone